デリヘルがきつい理由とは?大変な場合はセクキャバがおすすめ

性風俗店の1つであるデリヘルは、仕事がきついと感じる人が多く見られます。デリヘルの仕事を続けるためには、不満の理由を考えたりモチベーションを上げるコツを試したりすることがポイントです。

また、できるだけきつくない仕事に就きたい場合は、おっパブやいちゃキャバの仕事もチェックしてみましょう。

本記事では、「デリヘルがきついと感じる理由」「デリヘルの仕事でモチベーションを上げる方法」について解説します。おすすめのセクキャバ求人サイト情報も紹介するため、自分に合ったナイトワークを探している人は、ぜひ参考にしてください。

1.デリヘルがきつい4つの理由

デリヘルの仕事への不満を解決するためにも、まずはきついと感じる理由を考えてみましょう。

デリヘルがきつい理由として挙げられることが多い内容は、下記の4つです。

  • ・不衛生なお客さんが来る
  • ・遅漏のお客さんの相手に疲れてしまう
  • ・仕事がハードで体力が続かない
  • ・本番を求めるお客さんがいる

ここでは、それぞれの理由について詳しく解説します。

1-1.不潔なお客さんが来る

デリヘルでは、不潔なお客さんとあたることも当然あります。

例え不潔な人でもお客さんである以上、ディープキスや全身リップなどのサービスが必要です。中にはわざと不潔な状態で来るお客さんもいるため、女の子には対処のしようがありません。

オプションがなければ、プレイの前にはシャワーを浴びてもらうものの、汚れはボディソープで落とせても、きつい臭いは落とせないこともあります。お風呂に一緒に入っただけで「具合が悪くなった」「強いストレスを感じた」という経験がある人も少なくありません。

1-2.お客さんが遅漏の場合は疲れてしまう

デリヘルを利用するお客さんの大きな目的は、射精することです。しかし、遅漏のお客さんは、女の子がテクニックをフル活用してもなかなか射精に至りません。

遅漏のお客さんを相手にする場合、疲労と焦りの気持ちが強くなります。また、射精できないことを女の子のせいにするお客さんにあたれば、ストレスをより感じるでしょう。

自分が遅漏だと事前に伝えてくれるお客さんがいる一方で、「長持ちする方が魅力的」という思いから射精を我慢し続けるお客さんもいます。

1-3.意外とハードな体力仕事である

デリヘルで効率よくお金を稼ぐためには、体力が必要です。デリヘルの仕事は、勤務時間によっては1日に5人以上のお客さんとプレイすることもあります。基礎体力がない人や慢性的に疲れが残っている人には大変な仕事です。

また、接客人数が少ない場合でも、お客さんのタイプや求められるサービスによっては一気に体力を消耗します。しかし、お客さんに喜んでもらったり指名につなげたりするためには、疲れを感じさせないように笑顔で接客しなければなりません。

体力が求められるデリヘルで働く場合は、「体力を温存しながらプレイする」「基礎体力をつける」など、疲れを溜めない工夫も必要です。

1-4.本番を求めるお客さんがいる

デリヘルでは、本番行為が禁止されています。本番行為はお店で働けなくなるだけでなく「売春防止法」にも触れるため、お客さんから求められても断らなければなりません。本番行為を断る対応や断った場合のお客さんの反応が、精神的にきついと感じる人もいます。

利用前にお店側から本番行為の禁止を伝えられているにもかかわらず、プレイ中に本番を求めるお客さんは少なくありません。偶然を装って挿入しようとするお客さんもいるため、素股を行う場合は特に注意しましょう。

2.デリヘルの仕事でモチベーションを上げる方法3選

デリヘルの仕事でモチベーションが下がる理由は、人によってさまざまです。きつくてもデリヘルの仕事を続けていきたいと考えている場合は、モチベーションを上げる方法を試してみましょう。

ここからは、デリヘルの仕事でモチベーションを上げる方法を3つ解説します。

2-1.上手に気分転換する

悩みごとやつらいことで気持ちが落ち込んだ状態だと、仕事へのモチベーションは下がる一方です。モチベーションを上げるためにも、休日は上手に気分転換を行いましょう。

気分転換につながるおすすめの休日の過ごし方は、下記の通りです。

  • ・スポーツで汗を流す
  • ・好きな音楽や映画でリフレッシュする
  • ・日帰り旅行やドライブに出かける
  • ・掃除や片づけなどの単純作業に没頭する
  • ・友達とガールズトークを楽しむ

気持ちがポジティブになることを選んで取り組むことで、脳内ホルモン分泌が増えてモチベーションも高まります。興味があることを試しながら、自分に合った気分転換方法を見つけましょう。

2-2.自分へのご褒美を作る

デリヘルの仕事を続けるためには、頑張っている自分を褒めてあげる時間を作ることも効果的です。自分を褒めてあげることで、未来に向けて頑張ろうとする気持ちを維持しやすくなります。

仕事を頑張っている自分へのご褒美の具体例は、下記の通りです。

  • ・お気に入りのスイーツを食べる
  • ・美味しいワインを飲む
  • ・高級フェイスパックを使う
  • ・普段より豪華な食事を楽しむ

ただし、浪費につながらないようにご褒美の頻度や金額などに気をつける必要があります。また、ご褒美目的で仕事を続けるのではなく、本来の働く目的を見失わないようにしましょう。

2-3.目標を設ける・設けた目標を振り返る

デリヘルの仕事でモチベーションを上げるためには、目標の設定と振り返りを行うことがポイントです。

まずは、「効率よく稼ぎたい」「○万円貯めたい」など自分の目標を設定します。漠然とした目標ではなく、具体的な金額やイメージを設定することがおすすめです。

定期的に目標に近づいているか振り返る時間を作り、モチベーションが下がった場合は、デリヘルで働く目的や目標を再確認します。目標に近づけていない場合や今後デリヘルで働くことがむずかしいと感じる場合は、働き方を見直すことも大切です。

3.デリヘルがきつい場合はセクキャバがおすすめ

デリヘルの仕事がきついと感じる場合は、デリヘルとは異なる業種への転職も検討してみましょう。特に、フェラ・手コキ・素股などの抜きありの性的サービスに抵抗を感じる人は、デリヘルの仕事を続ける限りきつい気持ちを克服することはむずかしいといえます。

性的サービスを行うことなく高収入を得たい人は、おっパブ・いちゃキャバなどのセクキャバの魅力をチェックしてみましょう。

デリヘルと比べたセクキャバの主な魅力は、次の3つです。

  • ・ボディタッチはあるが性的サービスを行わなくてよい
  • ・性病のリスクがない
  • ・時給制で働くことができる

性的サービスを含まないセクキャバの仕事は、体力面でのきつさが軽減します。また、時給が高いお店やアフター禁止のお店が多いため、無理なく高収入を目指すことが可能です。

セクキャバの仕事を探す場合は、各地のセクキャバ求人情報を数多く掲載している、セクキャバ求人サイト「キャバイト」をご利用ください。

キャバイトの魅力は、下記の通りです。

  • ・セクキャバに特化した求人情報が豊富
  • ・給料面や待遇面は事実のみ掲載
  • ・メールアドレス非公開で問合せ可能
  • ・体験入店で「祝い金」をプレゼント
  • ・サポート体制が充実
  • ・「送迎あり」「日払い可能」などこだわり検索が可能

キャバイトから応募して体験入店を行うと、祝い金をもらうことができます。セクキャバに興味がある人は、ぜひキャバイトをチェックしてみましょう。

まとめ

デリヘルは、お客さんのタイプやサービスによっては仕事内容がきつく感じることがあります。きついデリヘルの仕事でモチベーションを上げるためには、「上手に気分転換する」「自分へのご褒美を作る」「目標を設ける・設けた目標を振り返る」ことがポイントです。

モチベーションを上げる方法を試しても仕事で感じる不満を解決できない場合は、セクキャバで働く方法もあります。きつくない仕事に就きたいと考えている人は、セクキャバに特化した求人サイト「キャバイト」で情報を集めてみましょう。

キャバイトNEXT

キャバイトNEXT

セクキャバ・いちゃキャバのコラムお役立ち情報コンテンツ

関連記事

キャンペーン

TOP