【セクキャバ嬢向け】LINE・営業メールを効果的に送る方法とは

ようこそゲストさん
キャバイト公式Twitter
【セクキャバ嬢向け】LINE・営業メールを効果的に送る方法とは

セクキャバで稼ぐためには、お客さんに対する積極的なLINE・営業メールが重要です。しかし一方で、お客さんと連絡先交換をしたものの、どのようなLINE・営業メールを送るべきか分からない女性も多いでしょう。たしかにLINE・営業メールは友達とのやり取りとは違うため、送り方で戸惑いやすいです。

そこで今回は、LINE・営業メールを効果的に送る方法を解説します。LINE・営業メールでお客さんを集めたいセクキャバ嬢の人には、必見の内容です。

1.セクキャバ嬢がLINE・営業メールを送る効果的なタイミング・頻度

セクキャバ嬢のLINE・営業メールは、送るタイミングと頻度が重要です。同じ内容でも、タイミングと頻度で営業効果が大きく変わります。

効果的なタイミング・頻度は、以下の通りです。

【効果的なタイミング】

①来店してほしい数日前に送る

来店してほしい当日にLINE・営業メールを送ると、お客さんに対して営業感を与えやすくなります。来店してほしい数日前に連絡をとり、自然な流れで来店を促しましょう

②お店の営業時間外に連絡する

営業時間内のLINE・営業メールも、営業感を与える可能性があります。お店のことを連想させないよう、営業時間外の連絡を心掛けましょう

③サラリーマンの場合は、昼間の時間帯に送る

サラリーマンにとって、昼間の時間帯は昼休みにあたり、最もスマホを確認しやすいタイミングです。12時〜13時くらいの時間帯を狙ってLINE・営業メールを送りましょう

【効果的な頻度】

①来店頻度に応じて、営業サイクルを調整する

来店頻度が多いお客さんに対しては、LINE・営業メールの数を増やしましょう。来店頻度が少ないお客さんに対してLINE・営業メールを送り過ぎると、面倒だと思われやすくなります。

②メリハリを付けるために、あえて連絡しない期間を作る

あえて連絡しない期間を作ると、お客さん側から「そろそろ連絡を取りたいな」と思ってもらえます。ダラダラとやり取りを続けず、メリハリを付けることが大切です。

2.好感度をアップできるセクキャバ嬢のLINE・営業メールの書き方

セクキャバ嬢のLINE・営業メールは、ただやり取りを続けているだけでは営業効果が表れません。好感度がアップするポイントを盛り込んだうえで、LINE・営業メールを送ることが大切です。

ここでは、好感度をアップできるセクキャバ嬢のLINE・営業メールの書き方について紹介します。

2-1.お客さんを気遣う

セクキャバを利用するお客さんは、癒しを求めている傾向にあります。仕事で疲れやストレスが溜まっていることも多いため、気遣いのメッセージは心に響くでしょう。

【例文】

「お仕事お疲れ様です!今月は忙しいと言ってましたが、無理してませんか??疲れが溜まってたら、癒されに来てくださいね!」

「連休終わっちゃいましたね…。今日からお仕事だと思いますが、頑張ってくださいね!私もお仕事頑張っているので、いつでも遊びに来てください!」

気遣いの言葉を一言添えるだけで、自然なLINE・営業メールを送ることができます。

2-2.接客中の会話内容を盛り込む

LINE・営業メールに接客中の会話内容を盛り込むと、お客さんは「しっかりと覚えていてくれたんだ」という気持ちを抱きます

【例文】

「この前教えてもらったご飯屋さん、行ってきました!とても美味しかったです!!」

「〇〇さんが面白いって言ってた映画、観ましたよ!最後までドキドキで、とても面白かったです!!」

文章にして送ることで、前回の会話内容を記憶できる点もメリットです。接客中の会話内容を盛り込んで、好感度の高いLINE・営業メールを送りましょう。

2-3.自分の弱いところを見せる

自分の弱いところを見せると、男性は「頼られている」という気持ちを抱きます。特別感を抱かせることで、距離は縮まりやすいです

【例文】

「友達と喧嘩しちゃった…。」

「最近△△で悩んでるですよね…〇〇さんならどうしますか?」

ただし、重過ぎる悩みは、相手を困らせるため厳禁です。軽い悩みや相談を相手に打ち明けましょう。

2-4.効果的にスタンプを使う

LINEでやり取りする際は、LINEスタンプを使うと感情が伝わりやすいです。例えば下記のような感情は、LINEスタンプでも代用できます。

  • ・嬉しい
  • ・忙しい
  • ・怒っている

特に「忙しい」「怒っている」などの感情は文字にすると角が立つため、LINEスタンプでやんわりと伝える方がおすすめです。

また、話を逸らしたいときは、ギャグ系スタンプを使うテクニックもあります。「なにそのスタンプ!」とツッコミが入り、別の話題へと移行しやすいです。

3.お客さんを逃がすセクキャバ嬢のLINE・営業メールのNG項目

セクキャバ嬢のLINE・営業メールは、上手くやり取りをしないとお客さんを逃してしまいます。以下のようなLINE・営業メールは無意識にお客さんを逃しているため、送らないようにしましょう。

①「お店に来て!」などの直接的な内容

「お店に来て!」と直接言ってしまうと、営業目的であることがお客さんに伝わってしまいます。お客さんはセクキャバ嬢とのやり取りを純粋に楽しみたいだけであり、営業連絡は求めていません。

自然な流れで「次会ったら〇〇の話がしたいです!」「いつでも待ってます!」などの言葉を織り交ぜましょう

②5行以上の長文LINE

長文LINEは「重たい女」と思われがちです。重たい女だと思われると、お客さんは離れてしまいます。

丁寧な文章を書こうとすると長文になりがちですが、長過ぎは逆効果です。文章が5行以上になりそうな場合は、削れる部分がないかチェックしましょう。

③定型文なお礼メッセージ

全てのお客さんに同じお礼メッセージを送ることは厳禁です。定型文はすぐにお客さんにバレて、営業目的だと思われてしまいます。

お礼メッセージには接客中の会話内容やお客さんの名前などを盛り込み、オリジナルの文章を作りましょう

④尋問のような質問

何個も「?」が入ったLINE・営業メールは、お客さんを困惑させます。一度に何個も質問されても、お客さんはどの質問から返せばいいのか分かりません。

質問する場合は、1回に1個の質問に留める方が無難です。LINE・営業メールが尋問のようになっていないかどうか、送信前に文面をチェックしましょう。

⑤過度に思わせぶりな内容

過度な思わせぶりは勘違いを生み、「自分のことが本気で好きなのかな?」「プライベートでも会えるのかな?」などと思われがちです。色恋営業で恋愛感情を抱かれた結果、過度な要求や店外交渉などにつながる可能性があります。

その気がないにもかかわらず好意を伝えたり、ハートマークを多用したりすることは控えるべきです。

4.LINE・営業メールの効果が低いセクキャバ嬢はお店を変えてみよう

LINE・営業メールを積極的に送っているにもかかわらず、なかなか成果が出ない人は、お店を変えることも1つの手段です。お店を変えると、以下のようなメリットがあります。

●客層が変わる

LINE・営業メールは、全てのお客さんに対して響くとは限りません。客層が変わると、自分のLINE・営業メールが響きやすい人に会える可能性が高まります。

●LINE・営業メールの送り方を指導してくれるお店がある

文章の書き方や送るタイミング・頻度について指導してもらえば、更に効果的なLINE・営業メールが送れます。

新しいお店を探す際は、「キャバイト」がおすすめです。キャバイトには全国各地のセクキャバの求人情報が多数掲載されています。さらに、メールアドレス非公開でお店に質問できるため、不明点を解消したうえで面接に臨むことが可能です。
キャバイトは無料で利用できるため、まずは近隣地域の求人をチェックしてみましょう。

まとめ

セクキャバのLINE・営業メールはただ送るだけでなく、内容を工夫する必要があります。加えて、送るタイミングや頻度も重要です。

また、LINE・営業メールの効果が表れない人は、無意識の内にNGな文章を送っている可能性もあります。お客さんに避けられるような文章内容になっていないかどうか、今一度確認してください。

好感度の上がるLINE・営業メールを送って、セクキャバでさらなる指名獲得を目指しましょう。

業界のホンネ
関東版
関西版
PAGE TOP