セクキャバはキスがきつい?嫌がる理由や断り方

ようこそゲストさん
キャバイト公式Twitter
セクキャバはキスがきつい?嫌がる理由や断り方

セクキャバはキャバクラと比べて、お客さんと女の子のスキンシップを重視していることが最大の特徴です。
恋人同士のような時間を過ごしてもらったり、大人の時間を楽しんでもらったりするために、さまざまなサービスを提供する必要があります。

セクキャバ独自のサービスのひとつが、お客さんとのキスです。
しかしお店での仕事に興味を持っている方の中にはキスを嫌がる方も多く、すでに働いている女の子も同様です。

この記事では、セクキャバで働く女の子がキスを嫌がる理由や、実際のお店のルールと断り方について詳しく紹介します。

1.セクキャバでは基本的にキスが必須

セクキャバはお酒や会話を楽しんでもらうと同時に、スキンシップでもお客さんに満足してもらうことを目的としたお店です。
風俗のような過激なサービスは求められないものの、お酒と会話のみで接客を終えることもできません。

お店によっては多少ルールが異なるものの、セクキャバで行われるスキンシップの中には、当然キスも含まれています
「絶対にキスをしなければならない」と決まっていなくても、お客さんの満足度を高めるための手段として、キスをするケースもあります。

セクキャバは、下半身へのお触りを禁止しているところが多い一方、キスはNGサービスに含んでいないお店が大半です。
仮に、「無理やりキスされた」とスタッフやマネージャーに報告しても、禁止されていない行為に対してはお店側からお客さんへの注意はありません。

基本的にセクキャバで働く以上、キスはある程度受け入れなければならないでしょう。
さらに、キスが上手な女の子は指名を多く得られるため、収入にも直接影響が出ます。

1-1.セクキャバ嬢がキスを嫌がる理由とは?

基本的にキスもサービスに含まれるセクキャバでも、キスを嫌がる女の子は複数います。
セクキャバ嬢がキスを嫌がる理由の例には、以下が挙げられます。

●お客さん・自分の口臭が気になる

セクキャバでのキスは、ディープキスが大半です。至近距離で相手の口臭を嗅ぐこととなるため、においが気になるお客さんの場合は難しいでしょう。
また、自分の口臭が気になって、キスできないという女の子も存在します。
普段は口臭エチケットに気を遣っていたとしても、お酒を飲んでいたりおつまみを食べたりしていると、少なからずにおいがするようになります。

●生理的・衛生的に無理だと感じる

歯周病や虫歯など、口内の健康・衛生状態を気にしてキスできない女の子は、セクキャバのキャスト以外にもいます。
また、お客さんによっては言動が個性的で「生理的にキスできない」と感じるケースもあり、口臭と同じくどうしても気になってしまうものです。

●ヒゲが当たって不快

ヒゲの生えたお客さんとのキスは、頬や顎にヒゲが当たって痛みを感じるものです。
慣れていない女の子にとっては不快に思え、キスできたとしても短時間で終えてしまいやすくなります。

●キス自体が好きではない

「体を触らせることはできても、キスはできない」と考える女の子は意外と多く存在します。
精神的な理由を挙げる場合もありますが、中には口紅がはげたり唇が腫れたりすることを嫌がる女の子も少なくありません。

2.キスをうまく断る方法はある?

キスを仕事として割り切れないときは、断ることも方法のひとつです。
ただし、むやみやたらに嫌がるとお客さんの心象を悪くし、お店にクレームが入る可能性があります。

お客さんが不快にならないよう、断り方に配慮しましょう。
以下では、上手にキスを避ける方法として、3通りの断り方を紹介します。

●キス以外のサービスで満足させる

セクキャバに来るお客さんは、お酒や会話の他に体験できるエッチなサービスを期待しています。
そのため、キスを断ったこと自体がクレームになるのではなく、サービスの質の悪さを感じてクレームに発展する可能性があります。
キス以外のスキンシップを頑張ったり、会話や雰囲気作りに力を入れたりと、キス以外のサービスを頑張りましょう。
総合点が高評価となれば、クレームの心配はなく次回以降もキスを避けやすくなります

●「舌が痛い」といった舌の不調を伝える

舌の痛みや口内炎など、不調を伝える方法も有効です。
舌を誤って噛んでしまった程度でも大きな傷に発展することは多いため、1日中キスを断ることができます。
ただし、同じお客さんに毎回使える方法ではない点に注意してください。
どうしてもキスを避けたい日やフリーのお客さんを接客しているときなど、自然にごまかすことのできるタイミングで活用しましょう。

●感じていることを理由にして顔をそらす

胸や体を触られながらキスを迫られた場合に利用できる方法が、感じているふりです。
大げさな反応を見せながら顔を背け、キスを避けます。
中には顔を背けると「こっちを向いてほしい」と要望を出すお客さんもいるため、恥ずかしいなど理由をつけることがポイントです。

他にも、別のキャストの体験談として遠回しに口臭や言動を指摘したり、明るく冗談のように断ったりする方法もあります。
マウスウォッシュを渡して「一緒の息でキスしたい」と誘う女の子もいます。
お客さんのタイプに合わせて、不快にさせない断り方を選びましょう。

3.キスを禁止にしているお店もある

お店によっては、キス自体を禁止行為に含めていることがあります。
大々的に禁止していなくとも、女の子がキスを許容していなければ不可とするルールを設けているお店もあるため、働く前に詳細を確認しましょう。

セクキャバと一口に言っても、実はサービス内容によって「ハードセクキャバ」と「ソフトセクキャバ」の2つのタイプに分けることができます。
セクキャバの一般的なイメージとして挙げられる胸へのタッチや乳首舐め、キスなどはハード系の主なサービスであり、ソフト系のお店では見られません。

ソフトセクキャバとは、以下のような特徴を持ったセクキャバ店を指します。

ソフトセクキャバの特徴
  • ・衣服を着たまま接客することが多い
  • ・服の上から・ブラジャーの上からなどソフトなタッチのみ可能
  • ・エッチな触れ合い以外に重点を置いたサービス
  • ・地域によってはイチャキャバと呼ばれている

お客さんはエッチなスキンシップではなく、恋人同士のひとときのような時間を楽しむために来店する人が大半です。
お酒を飲んだり会話を楽しんだりしつつ、服の上から胸を触る程度のスキンシップを行います。

お店ごとに禁止行為の細かな線引きは異なりますが、いずれのお店もハードセクキャバほど過激なサービスの提供はありません。
王様ゲームや罰ゲームをするときも、膝枕やハグなど軽い内容に限られています。

どうしてもキスを避けたい方は、キスに関するルールを設けているお店や、キス自体を禁止しているソフトセクキャバの求人を探してみてはいかがでしょうか。

4.ソフトセクキャバの求人はキャバイトで探そう!

ソフトセクキャバの求人を探している方は、キャバイトの利用がおすすめです。
キャバイトは、優良な求人情報のみを取り扱っているため信頼度が高いことが特徴で、他にも以下のような魅力を持っています。

キャバイトの魅力
  • ・セクキャバの求人に特化しているため探しやすい
  • ・お店との連携で最新情報をいち早く提供
  • ・虚偽の給与・待遇情報を掲載しない
  • ・ユーザー対応窓口で手厚くフォロー
  • ・メールアドレスを伝えずにお店への質問が可能

セクキャバ専用の求人サイトのため、お店との連携体制が整っています。
給与や待遇面を確認したうえで掲載しており、虚偽の情報や事実を誇張した情報はなく、入店後のギャップも心配ありません。

面接後に体験入店が決定した女の子には、祝い金が現金で振り込まれる点も大きなメリットです。
セクキャバで働くことを考えている方は、キャバイトで一度ソフトセクキャバの求人を探してみてください。

まとめ

セクキャバで働く女の子の中にも、キスを嫌がる方は少なくありません。
お客さんや自分の口臭が心配・口内炎が痛いなど明確な理由を持つ場合の他、生理的に嫌な場合も多く、仕事として割り切れるとは限らないでしょう。

基本的にセクキャバはキスOKとするお店が大半ですが、近年は女の子側の同意を得なければならないルールを設けているところも存在します。

特にソフトキャバクラは、ハードなサービスを禁止行為としています。
濃厚なサービスを避けたい女の子は、ぜひキャバイトでソフトセクキャバの求人を中心にチェックしてください。

業界のホンネ
関東版
関西版
PAGE TOP