セクキャバの中でもハードなお座敷タイプの特徴|働く際のポイント

ようこそゲストさん
キャバイト公式Twitter
セクキャバの中でもハードなお座敷タイプの特徴|働く際のポイント

セクキャバで働くお店を探す際は「ハードなサービスか、ソフトなサービスか」で考えることが基本となります。仕事内容が大変でも高収入を稼ぎたい人は、ハードなサービスを提供するセクキャバに興味があるのではないでしょうか。

セクキャバの中でもハードな業種に分類されるサービスが、お座敷系セクキャバです。

今回は、お座敷系セクキャバの特徴やメリット・デメリット、安全に働くためのコツを紹介します。セクキャバで安心して働きたいと考えている人は、ぜひ最後までチェックしてください。

1.セクキャバの中でもハードな業種とは?

セクキャバとは、お客さんに飲み物を作って接客するキャバクラにスキンシップをプラスしたサービスです。おっぱいパブと呼ばれることもあり、女の子がお客さんに密着するショータイムを設けていることも、セクキャバの特徴といえます。

セクキャバを大別すると、ソフトな業種・ハードな業種の2種類です。
サービス内容はそれぞれ以下のように異なります。

上半身のタッチ 下半身のタッチ
ソフトな業種 OK NG
ハードな業種 OK OK

ソフトな業種のサービスは、上半身への軽い触れ合い程度です。下半身のお触りはNGであるため、性器周辺を触られることはありません。
一方、ハードな業種のサービスでは、上半身・下半身にタッチできるなど、恋人のようにいちゃいちゃする行為をOKとしています。

お座敷系セクキャバはハードな業種に分類されるため、働くことを検討している人はソフトな業種との違いを覚えておきましょう。

2.お座敷系セクキャバの特徴

「お座敷系」と聞いてもどのようなセクキャバ店なのか、イメージが沸かない人も多いのではないでしょうか。
お座敷系セクキャバは、在籍キャストたちが浴衣風の制服で接客する、和風コンセプトの専門店です。

以下では、お座敷系セクキャバの特徴を3つに分けて紹介します。

2-1.店内

お座敷系セクキャバの店内は畳敷きで、仕切りの衝立を要所要所に配置するなど、和風を重んじた内装が特徴です。店内照明には間接照明を多く使用し、ムーディーな雰囲気を出しています。

接客を行う部屋には、以下の3種類があります。

  • ・広いお座敷
  • ・半個室席
  • ・個室席

広いお座敷や半個室席では衝立を設置して、隣の接客が目に入らないよう工夫しています。一方、完全な個室となる個室席は、お客さんに集中してサービスを提供できる場です。

どのタイプの部屋でも、畳の上に座るだけでなく、部屋に敷かれている布団や枕に寝転がって添い寝するように接客できる点も特徴です。

2-2.サービス内容・オプション

お座敷系セクキャバでは布団の上で添い寝して接客することもあるため、男性客との距離が近い状態が多くなります。そのため、一般的なセクキャバよりもハードなサービス内容となることが特徴です。お客さんと軽く触れ合ったり、親しくスキンシップしたりすることもあります。

また、お座敷系セクキャバならではのサービスが、毛布をレンタルするオプションです。毛布をかけることで、お客さんはより恋人のようないちゃいちゃ気分を味わうことができます。

「毛布をかけるとお客さんにどこを触られてても見えないのでは」と不安を抱く人もいますが、毛布の下で女性キャストの下半身に直接的に触れる行為は禁止されています。執拗に女性キャストの性器などに触ろうとした場合は、店舗スタッフが注意してくれるため、ハードであるお座敷系セクキャバでも安心して働けるでしょう。

2-3.料金体系

お座敷系セクキャバの料金体系は、基本的に次の3つで構成されています。

  • ・コース料金
  • ・指名料金
  • ・オプション料金

お座敷系セクキャバはコース料金にドリンクの飲み放題が含まれていることが多く、指名料金も含めた料金相場は30分5,000~10,000円程度です。延長料金は高めに設定されていて、30分6,000円程度がかかります。

女性キャストの給与形態は、基本時給に加えて、指名料金・オプション料金がバックされる仕組みです。お座敷系セクキャバは一般的なセクキャバよりもバック率が高いことが多く、働き始めでも時給が高めに設定されているお店もあります。

3.お座敷系セクキャバで働くメリット・デメリット

お座敷系セクキャバで働くことを検討している人は、メリット・デメリットをしっかりと検討しましょう。
以下では、お座敷系セクキャバの代表的なメリット・デメリットを2つずつ紹介します。

お座敷系セクキャバのメリット

・一般的なセクキャバと比べて指名を獲得しやすい
お座敷系セクキャバは、普通のキャバクラにはない添い寝の接客方法が売りのひとつとなっており、お店のファンであるお客さんが多数存在します。一般的なセクキャバよりも常連客が多いため、入店歴が浅くても指名を獲得しやすいことがメリットです。お客さんからの人気を得て次回以降も指名をもらうことができれば、安定した収入を得やすくなります。

・一般的なセクキャバと比べて給与が高い
お座敷系セクキャバはハードな接客を行う仕事であるため、一般的なセクキャバと比べて給与が高いことが特徴です。一般的なセクキャバの時給相場が3,500円程度であるのに対し、お座敷系セクキャバには時給4,000円程度から働き始められるお店もあります。時給にオプションバックも加算されるため、一般的なセクキャバ以上の収入を得たい人にお座敷系セクキャバはおすすめです。

お座敷系セクキャバのデメリット

・お酒を飲んでお話するだけでなく、お触りもある
お酒とトークをサービスとしているキャバクラとは異なり、セクキャバではお客さんとの触れ合いもサービスに含まれています。中でもお座敷系セクキャバはお客さんと添い寝することもあるため、かなり近い状態で接客することを心得ておきましょう。とはいえ、女性キャストの下半身に直接触る行為は禁止されているため、安全に働くことができます。

・がっついてくるなど、面倒なお客さんもいる
お座敷系セクキャバを利用するお客さんの中には、女性キャストと添い寝した状態になるとがっついてくる面倒な男性もいます。女性経験が少ないオタク系のお役さんも多く、セクキャバに不慣れでどこまでOKか理解していないため、無理に女性キャストの下半身を直接触ろうとすることもあります。しかし、お客さんが禁止行為をとったりトラブルに発展したりした場合は、店舗スタッフが対応してくれるため、安心です。

4.セクキャバで安全に働くためには?

最後に、お座敷系を含め、セクキャバで安全に働くための2つのポイントを紹介します。

・すぐに入店するのではなく、まずは体験入店から始める
セクキャバはお店によってソフト・ハードの違いがあるだけでなく、コンセプトやお触りの範囲も細かく決まっています。ホームページや求人の詳細情報を見ただけでは、お店が自分に合っているか分からないため、まずは体験入店から始めましょう。
体験入店では短時間で仕事を試せるだけでなく、体験入店中の時給もしっかりもらえます。

・店舗スタッフの対応が丁寧なお店を選ぶ
セクキャバで働く女の子たちにとって店舗スタッフは、仕事のサポートをしてくれるとともに、トラブル時の頼りになる存在です。セクキャバは店舗スタッフの質で働きやすさが変わるため、店舗スタッフの対応が丁寧なお店を選びましょう。電話で問い合わせしたときの話し方や体験入店中の雰囲気で、店舗スタッフの質が分かります。

安全に働けるセクキャバの求人を探すなら、キャバイトの利用がおすすめです。
キャバイトはセクキャバに特化した求人情報サイトで、募集しているお店の業種や給与などの情報を細かく掲載しています。体験入店すると祝い金をプレゼントしてもらえる嬉しい特典もあるため、セクキャバのお店選びで悩んでいる人におすすめのサイトです。

まとめ

お座敷系セクキャバは、畳や衝立を使用した内装に、女性キャストが浴衣風の制服で接客することが特徴です。添い寝する接客サービスが売りのひとつであり、お客さんは女性キャストとのスキンシップを楽しみに来店します。

お座敷系セクキャバはハードサービスである分、一般的なセクキャバより稼ぎやすいことがメリットです。安心して働けるお座敷系セクキャバの求人を探したいときは、キャバイトを利用しましょう。セクキャバ特化の求人情報サイトであるキャバイトなら、豊富な求人情報の中から希望条件に合うセクキャバ店が見つかります。

業界のホンネ
関東版
関西版
PAGE TOP