セクキャバの客層は良い?来店するお客さんのタイプを紹介

ようこそゲストさん
キャバイト公式Twitter
セクキャバの客層は良い?来店するお客さんのタイプを紹介

お触りサービスがあるお店は、客層が悪いというイメージを持たれることが少なくありません。そのため、セクキャバの仕事に興味はあるものの、客層が気になっている人は多いでしょう。

セクキャバは比較的に客層が良い傾向にあり、セクキャバ嬢がはじめてでも安心して働くことができます。

今回は、セクキャバのメイン客層やお客さんがセクキャバを利用するシーン、客層から見たセクキャバで稼ぐコツを徹底的に解説します。セクキャバの客層によって働くか否かを判断しようと考えている人は、ぜひ当記事で紹介する内容を参考にしてください。

1.セクキャバのメイン客層はサラリーマン

セクキャバは触れ合いを伴う接客を行うお店であるため、普段は出会うことがないタイプのお客さんが多く訪れるのではないかと思う人もいるでしょう。

セクキャバのメイン客層は、どこにでもいる20代後半から40代のサラリーマンです。また、全体的にお店のルールをきちんと守る紳士的な男性が多いため、安心して働くことができます。

以下では、セクキャバを訪れる男性客の特徴を詳しく解説します。

1-1.ボディタッチを好む男性

セクキャバは通常のキャバクラとは異なり、女性と親しく触れ合える接客スタイルのお店です。そのため、ボディタッチが好きな男性が多く訪れます

「ボディタッチを楽しみたいのであれば、風俗を利用すれば良いのでは」と考える人もいますが、風俗の料金は比較的高く、手軽に来店できる人は一握りです。
一方、セクキャバは風俗よりもリーズナブルな料金設定であり、キャバクラのようにお酒と会話を楽しめるため、いつも多くのお客さんでにぎわっています

そのため、セクキャバの客層のほとんどは、手軽にお酒を飲みつつボディタッチを楽しみたい男性です

1-2.風俗に抵抗を感じる男性

セクキャバには、女性との触れ合いに興味を持っていても、風俗には抵抗を感じている男性も多く訪れます

風俗に抵抗を感じる男性のほとんどは、女性経験がありません。そのため、女性との触れ合いを楽しみつつ、コミュニケーション方法を学ぶことを目的にセクキャバを訪れます。風俗を利用するためのステップとしてセクキャバを訪れる男性の中には、風俗のことを忘れてセクキャバにハマってしまう男性が少なくありません

そのため、風俗に抵抗を感じる男性は、将来的に太客となってくれる可能性が高いでしょう

1-3.コスプレを好む男性

セクキャバにはコスプレ衣装を売りにしているお店もたくさんあるため、コスプレを好む男性も訪れます

セクキャバの代表的なコスプレ衣装は、女子高生やナース、OLです。中でも、女子高生のコスプレセクキャバは、現実的には交際することが難しい女子高生との疑似恋愛を楽しむことができるため、多くの男性から高い人気を誇っています。

非日常的なシチュエーションを味わうことができるセクキャバは、コスプレが好きな女性にとっても働きやすい環境だと言えるでしょう

2.セクキャバをお客さんが利用するシーン

セクキャバを訪れるお客さんの多くは、女性との触れ合いや楽しい時間、非日常的なシチュエーションを求めている、一般的なサラリーマンです。そのため、セクキャバの客層は決して悪くありません。そうしたお客さんがセクキャバを利用するシーンは、主に3種類です。

ここからは、お客さんがセクキャバを利用するシーンを詳しく説明します。

2-1.二次会として利用する

男性の多くは、お酒を飲むと女性の存在が恋しくなります。特に複数の男性たちが集まる飲み会では、女性の話題で盛り上がることがしばしばあり、「飲み会が終わったら風俗に行こう」という提案が出されることも少なくありません。

しかし、風俗の料金は高く、飲み会の参加者全員で風俗に行くことは難しい場合もあります。金銭的な事情から風俗を利用することが難しいときに新たな選択肢として挙がるお店が、女性とスキンシップしながら楽しくお酒を飲めるセクキャバです

セクキャバでは、お酒を飲んで男性同士での会話を楽しみつつ、女性ともコミュニケーションができます。そのため、セクキャバは二次会の場としてうってつけのお店だと認識されています

2-2.キャバクラの後に利用する

キャバクラ店は、あくまでお酒を飲みながら女性キャストとのトークを楽しむ場であり、キャストの身体に触れることは禁じられています。どれほど魅力的なキャバクラ嬢がいても我慢をしなければならず、サービスに不満を感じる男性は少なくありません。
そのため、キャバクラとは異なるサービスを求めて、キャバクラ後にセクキャバへ行く男性は多くいます

キャバクラ後にセクキャバへ来店するお客さんは、すでにお酒を飲んだ状態で陽気な雰囲気になっており、接客中は楽しく盛り上がれることがほとんどです

2-3.風俗の代わりに利用する

セクキャバは、風俗の代わりに利用されることもあります。セクキャバは風俗よりもハードルが低く、ソフトなサービスを受けられるため、女の子に慣れていない男性や彼女・奥さんがいる男性も多く来店します

また、風俗に行くお金を用意することが難しい人が、リーズナブルな料金設定であるセクキャバを選ぶことも少なくありません。

風俗の代わりに来店する男性はセクキャバにハマりやすい傾向にあるため、本指名やドリンクバックをもらうことで効率的に高収入を得られるでしょう

3.客層から見たセクキャバで稼ぐコツ

セクキャバで働けば、さまざまな男性を喜ばせることができるうえ、高収入を得ることができます。しかし、セクキャバ嬢としてより多くのお給料を得るためには、客層を分析し、セクキャバで稼ぐためのポイントを押さえる必要があります。

最後に、客層から見たセクキャバで稼ぐコツを2つ紹介します。

3-1.太客にしやすいタイプのお客さんを見極める

セクキャバ嬢としてより多くの収入を獲得するためには、太客にしやすいタイプのお客さんを見極めることが大切です。
太客にしやすいお客さんの主なタイプは、以下の2つが挙げられます。

●遊び慣れしていないお客さん

遊び慣れしていないお客さんは、最初のうちはぎこちなく、うまく会話が続かないかもしれません。しかし、丁寧なサービスを心がけ、男性の心を開くことに成功すれば、太客になってくれる可能性が高いです。遊び慣れしていないお客さんが来たら、積極的に心地の良いサービスを提供してあげましょう。

●気前の良いお客さん

気前の良いお客さんも太客にしやすいため、狙い目です。気前の良いお客さんは、お酒をたくさん注文して売上に貢献してくれるだけでなく、セクキャバ嬢のために手土産や差し入れを持って来てくれることもあります。そのようなお客さんには、より高いサービスを提供するように心がけましょう。

3-2.お客さんのタイプに合わせた接客を心がける

セクキャバで稼ぎたいのであれば、お客さんのタイプに合わせて接客を行いましょう

たとえば、はじめてセクキャバを利用する男性には、安心してセクキャバを楽しめるよう、親切なサービスを提供する必要があります。一方、セクキャバに慣れている場合は男性がリードしてくれることが多いため、男性が求めていることをよく理解して対応するように心がけてください。

セクキャバで多くの指名を獲得するためには、一人ひとりのお客さんに向き合って接客することが大切です。どのような相手にも満足してもらえるサービスを提供できるよう、日々努力を続けましょう。

まとめ

セクキャバのメイン客層は、サラリーマンです。セクキャバには、ボディタッチを好む男性や風俗に抵抗を感じる男性、コスプレを好む男性など、自分の欲求に素直な人や女性慣れしていない人が多く訪れます。また、紳士的な男性が多いため、セクキャバの客層は良いです。

キャバイトでは、さまざまなジャンルや価格帯のお店の求人を豊富に取り揃えています。
自分に合ったお店で、セクキャバ嬢として安定的に高収入を得たいという人は、ぜひキャバイトを利用してみてください。

業界のホンネ
関東版
関西版
PAGE TOP