セクキャバとピンサロの違い|稼げるお店で働くためのポイント

ようこそゲストさん
キャバイト公式Twitter

セクキャバとピンサロの違い|稼げるお店で働くためのポイント

手軽に稼げる風俗の仕事には、セクキャバやピンサロが挙げられます。風俗の仕事を始めたいと考えながらも2つの違いがわからず、どちらで働くべきか決め切れない人は少なくありません。

セクキャバとピンサロでは、仕事内容や給料相場が大きく異なります。後で後悔しないためにも、違いは把握しておきましょう。

今回は、セクキャバとピンサロの違いを解説します。稼げるお店で働くためのポイントも併せて解説するため、風俗業界で働きたいと考えている人は参考にしてください。

1.セクキャバとピンサロの違いは何?

セクキャバとピンサロの違いは、抜き(男性を射精に導くサービス)があるかどうかです。セクキャバでは抜きが禁止されていますが、ピンサロではフェラチオや手コキで抜きをします。サービスの内容がそれぞれで全く異なるため、自分に合うほうを選ぶことが大切です。

ここでは、セクキャバとピンサロの違いを踏まえたうえで、それぞれの仕事内容と給料相場を解説します。

1-1.仕事内容

セクキャバとピンサロの仕事内容は以下のとおりです。

◯セクキャバ

セクキャバは、お客さんとイチャイチャしながら一緒にお酒を飲む仕事です。普通のキャバクラとの違いは、お客さんが女の子の上半身を触れる点です。接客スタイルはお店によって異なり、キスやトップレスが標準サービスのお店もあれば、トップレスなしのソフトサービス店もあります。

セクキャバでは下半身へのお触りと抜きは禁止されており、基本的に性的サービスは一切ありません。性的サービスに抵抗がある人は、セクキャバがおすすめです。

◯ピンサロ

ピンサロは、お客さんの性器に対してフェラチオや手コキを行い、射精に導く仕事です。セクキャバと同じく、初めは会話やイチャイチャからスタートし、徐々にお客さんの下半身を刺激します。お客さんが射精した後は、残り時間で会話を楽しみサービス終了です。

ピンサロでは、上半身へのお触りに加え膣への指入れもサービスに含まれています。ピンサロで働く際は、性的サービスが要求される点に注意しましょう。

1-2.給料相場

関東圏を基準にセクキャバとピンサロの給料相場を比較した場合、平均時給は下記のとおりです。

関東圏の平均時給
セクキャバ 3,000〜5,000円/時間
ピンサロ 2,500〜4,000円/時間

どちらで働く場合も、指名が入ると給料にバックが加算されます。また、セクキャバの場合はドリンクをご馳走してもらうと、さらにバックが加算されるシステムが一般的です。

セクキャバとピンサロの給料を比較すると、セクキャバのほうがやや高めに設定されています。ただし、あくまで平均の数値であるため、納得できる給料のお店を探すことが大切です。

2.ピンサロには違法なお店も存在する

ピンサロは効率的にお金が稼げる業種である一方、中には違法なお店も存在します。
例えば、18歳未満の女の子を働かせているお店です。18歳未満の女の子を働かせている性風俗店は、摘発される可能性があります。
また、18歳未満の女の子を働かせているお店に限らず、ピンサロはグレーな業種と言われることも少なくありません。理由は、公然わいせつ罪に該当する可能性があるためです。

ピンサロは、キャバクラと同じ飲食店という名目で営業しています。しかし、ドリンクを提供していることは建前であり、ボックス席で性的サービスを行うことが実態です。パーテーションで客席同士が見えない空間を作る店舗もありますが、公然わいせつ罪に該当する可能性は十分にあります。

全てのお店が摘発対象になることはありませんが、ピンサロで働く場合はグレーな業種であることを頭に入れておきましょう。

3.風俗で収入を得たいなら「セクキャバ」がおすすめ!

風俗で安全かつ効率的に稼ぎたいなら、セクキャバがおすすめです。セクキャバには、他の風俗と比べて以下のようなメリットがあります。

◯ライトなサービスのため比較的安全に働ける

ほとんどの風俗には性病のリスクがあります。サービス内容がフェラチオだけの仕事でも、性病になるケースは珍しくありません。
しかし、セクキャバはお互いの粘膜が接触するサービスが一切ありません。サービスがライトであるため、安全に働くことができます。

◯営業メールや同伴・アフターなどを行う必要がない

キャバクラでは、営業メールや同伴・アフターでリピート客を増やすことが求められます。営業メールを打ったり同伴・アフターをしたりする間は、給料が発生しません。
一方、セクキャバは店内でのイチャイチャを求めて訪れるお客さんがほとんどです。営業メールや同伴・アフターなどに時間を費やす必要はなく、効率的に稼ぐことができます。

◯キャバクラよりも稼ぎやすい

セクキャバは上半身へのお触りやキスが許されている分、キャバクラよりも時給が高く設定されています。また、ドリンクのバック率もセクキャバのほうが高いケースがほとんどです。
少しでも多くお金を稼ぎたい場合は、キャバクラよりもセクキャバを選びましょう。

◯コスプレをするなど楽しみながら接客できる

セクキャバでは、コスプレをして接客するお店もあります。普段は着ないような衣装を着て、楽しく接客できることもメリットです。

4.セクキャバ店を選ぶ際に重要なポイント3つ

セクキャバは、性的サービスなしで効率的に稼げる業種です。しかし、セクキャバならどのお店でもいいわけではありません。安全かつ稼げるセクキャバで働くためには、いくつかのポイントを押さえることが必要です。

ここでは、セクキャバ店を選ぶ際に重要なポイントを3つ解説します。

4-1.お店のホームページで仕事内容やコンセプトを確認する

セクキャバと一口に言っても、提供するサービスは店舗ごとに異なります。ライトサービスのお店であれば、服を着てイチャイチャする程度で十分です。
しかし、お店によってはトップレス姿になることもあります。サービス内容はお店のホームページに掲載されているため、自分が許容できるサービス内容のお店を探しましょう。

セクキャバは、サービス内容だけでなくコンセプトもお店によって異なります。セクキャバには素人店や人妻店、巨乳専門店などのさまざまなお店があります。自身のキャラクターに合ったお店を選ばなければ、お客さんからの人気を得ることができません。
稼ぐためには、お店のコンセプトも事前に確認しておきましょう。

4-2.面接予約時にも丁寧な対応をしてくれるかを確認する

セクキャバでは、お店のスタッフとコミュニケーションをとる機会がたくさんあります。また、何かトラブルがあった際に相談する相手もお店のスタッフです。安心して働きたい場合は、お店のスタッフの人柄も重視するようにしてください。

具体的には、面接予約時の電話対応に注目しましょう。電話対応が雑なスタッフの場合、お店で働く女の子にも雑に対応することが一般的です。電話対応が丁寧なお店を選び、気持ちよく働ける環境で働きましょう。

4-3.優良店の求人を多数掲載している求人サイトを利用する

セクキャバの求人を探す際は、求人サイトの利用がおすすめです。優良店の求人を多数掲載する求人サイトなら、自分に合ったお店が見つかりやすくなります。

「キャバイト」はセクキャバに特化した求人サイトです。キャバイトでは、全国各地の求人を厳選して紹介しています。また、嘘の給料・待遇情報は一切掲載されていません。

セクキャバのお店選びに慣れていない人は、キャバイトを利用してみましょう。

まとめ

今回は、セクキャバとピンサロの違いに関して、仕事内容や給料相場などを解説しました。

セクキャバとピンサロの大きな違いは、抜きがあるかどうかです。また、仕事内容や給料相場も異なるため、どちらが自身に合うかよく検討しましょう。性的サービスに抵抗がある人は、ピンサロよりもセクキャバで働くほうがおすすめです。

セクキャバで働く際には、お店選びのポイントがいくつかあります。今回の記事で紹介した内容を参考に、自身に適したお店を選びましょう。

業界のホンネ
関東版
関西版
PAGE TOP