セクキャバの待機中は休憩時間?初心者向けに過ごし方を解説

ようこそゲストさん
キャバイト公式Twitter

セクキャバの待機中は休憩時間?初心者向けに過ごし方を解説

セクキャバにおいては、待機時間が存在します。セクキャバ初心者の人は、「待機時間とはそもそも何なのか?」「待機時間は休憩しても良いのだろうか?」と疑問に思うこともあるでしょう。

そこで本記事では、セクキャバにおける「待機時間」と「休憩時間」の違いについて解説します。さらに、待機時間の適切な過ごし方や待機室にある備品について、紹介しているため、セクキャバ初心者の人はぜひ参考にしてください。

1.セクキャバの待機時間は休憩時間ではない

前提として、待機時間と休憩時間は全く異なるものです。

  • 〇待機時間:勤務時間(給料が出る)
  • 〇休憩時間:自由時間(給料が出ない)

待機時間は給料が出ているため、休憩時間ではありません。接客していなくとも、働いている扱いです。例えば飲食店でアルバイトしている場合、お客さんが来店していない時間があったとしても、給料が出ている限りは自由時間としては過ごせません。

セクキャバの待機時間も同様に、給料が出ている限りは、勤務中であることを意識して過ごす必要があります。

一方で休憩時間は、給料が出ていないため、過ごし方は自由です。また、休憩時間は労働基準法において、一定の労働時間を超えた場合に与えられるものとして定められています。

  • 〇労働時間が6時間〜8時間の場合:少なくとも45分
  • 〇労働時間が8時間以上:少なくとも1時間

そのため、休憩時間は働くうえでの権利です。

なお、キャバクラにおいては「待機カット」が存在しますが、セクキャバには存在しません。待機カットとは、待機中の時給を減額するキャバクラ特有の制度を指します。

2.セクキャバにおける待機時間・休憩時間の過ごし方

待機時間は勤務時間の扱いであるため、休憩時間ほど自由に過ごすことは避けるべきです。具体的には、スマホゲームや居眠りは避けましょう。また、待機時間と休憩時間では、行動の自由度も異なります。

  • 〇待機時間:基本的には待機室・休憩室で過ごす(店外に出て自由に過ごすことは、控えるべき)
  • 〇休憩時間:自由に過ごせる(店外に出て、食事や買い物を行っても問題ない)

両者の違いを踏まえたうえで、セクキャバにおける待機時間・休憩時間の過ごし方について解説します。

2-1.メイク直し

待機時間に最も行うべきことは、メイク直しです。セクキャバにおいて、メイクは接客マナーでもあります。メイクが崩れていると、手を抜いて仕事を行っていると思われかねません。
セクキャバの店内は照明が暗めとなっていますが、顔を近づけるとメイクの崩れに気付かれてしまいます。

また、セクキャバの接客は飲み物を飲んだり、食べ物を食べたりするため、口紅が落ちやすい傾向です。さらに、接客中は自分のメイクの状態を確認できません。
そのため、待機時間や休憩時間のたびにメイクを確認して、常にメイクの整った状態で接客を行いましょう。

2-2.名刺整理やメモの整理

セクキャバで指名や売上の多い女の子は、待機時間や休憩時間のタイミングで名刺整理やメモの整理を行っています。勤務時間である待機時間には、名刺やメモの整理を行いましょう。

セクキャバで働いていると、お客さんから名刺をもらう機会があります。名刺はお客さんの名前や仕事を覚えるために使います。失わないように、名刺は整理しておくべきです。

また、お客さんがリピートしてくれたときのために、情報をメモしておきましょう。かなり記憶力が良くない限り、会ったお客さんのことを全て覚えておくことはできません。
お客さんの特徴やトークした話題をメモしておくと、次回会ったときにより良い接客を提供できます。

他の女の子と差をつけるために、待機時間や休憩時間には名刺の整理やメモの確認を行いましょう。

2-3.スタッフへの相談

お店によっては、待機時間や休憩時間を利用して、店長や男性スタッフと面談の機会を設けている場合があります。
面談といっても堅苦しいものではなく、相談や打ち合わせ程度です。入店して間もない場合は、お店の雰囲気や働きやすさなどについて聞かれます。

もし困りごとや悩みごとがある場合は、店長や男性スタッフへ気軽に相談しましょう。

2-4.キャスト同士での会話

キャスト同士が仲の良いお店であれば、待機時間や休憩時間に会話を楽しんでも良いでしょう。

他の女性キャストとの仲を深めておくと、今後働くうえでのプラスにつながりやすいです。例えば、迷惑なお客さんの情報や、営業のテクニックを共有することができます。まだ新人の場合は、お店のことを先輩に質問しても良いでしょう。
ただし、うるさくし過ぎると男性スタッフから注意されるため、盛り上がり過ぎには注意してください。

待機時間に何もするべきことがない場合は、キャスト同士での会話がおすすめです。

3.セクキャバの待機室・休憩室にある備品

セクキャバの待機室・休憩室には、以下のような備品が置いてあります。

  • 〇衛生関連

  • ・洗口液
  • ・うがい液
  • ・消毒液 など

セクキャバのサービスはお客さんとの距離が近いため、衛生関連の備品が用意されています。待機時間や休憩時間に、しっかりと口や手を洗浄しておきましょう。

  • 〇メイク関連

  • ・コテ
  • ・ドライヤー など

お店にもよりますが、メイク関連の道具を用意している場合があります。セクキャバは接客業であるため、見た目が重要です。待機時間や休憩時間を利用し、メイクを整えましょう。

  • 〇衣装関連

  • ・ドレス
  • ・コスプレ用の服 など

セクキャバにおいては、基本的にお店が用意した衣装を着用します。着用する衣装は、お店のコンセプトによってさまざまです。ただし、お店の衣装であるため、汚さないように注意しましょう。

  • 〇その他

  • ・おしぼり
  • ・汗拭きシート
  • ・充電器 など

その他にも、セクキャバの待機室・休憩室にはキャストが快適に働けるように、さまざまな備品が用意されています。部屋に置いてほしい備品がある場合は、男性スタッフに伝えてみましょう。

4.セクキャバで稼ぐためには待機時間の少ないお店を選ぼう

セクキャバにおいては、待機時間にも給料が発生します。しかし、待機時間が長いということは、お客さんが少なく、お店が繁盛していない可能性が高いです。もしくは、お店の中で自分の人気がない可能性もあります。
つまり、待機時間が長いと、高時給やボーナス・インセンティブは期待できません。セクキャバで稼ぐためには、待機時間が短いお店を選ぶべきです。

待機時間が少ないお店を選ぶためには、以下のポイントを意識しましょう。

〇お客さんが多い・売上が伸びているお店を選ぶ

お客さんが多く、売上が伸びていれば、必然的に待機時間が減ります。体験入店を通じて、お店がどの程度繁盛しているかチェックしておきましょう。

〇お店のコンセプトと自分のキャラクターが合っているお店を選ぶ

セクキャバには、店舗ごとにコンセプトがあります。例えば素人系や巨乳系、ぽっちゃり系などです。自分の性格や容姿、年齢などに合わせたお店を選んだほうが、お客さんからの人気を得ることができます。

稼ぎやすいセクキャバを探すためには、「キャバイト」がおすすめです。キャバイトはセクキャバに特化した求人サイトであり、優良店の求人情報一覧が掲載されています。 また、嘘の情報を一切掲載していないため、入店した後も安心です。キャバイトを利用して、自分に合ったお店を探しましょう。

まとめ

セクキャバにおける待機時間には、給料が発生します。そのため、待機時間は単なる休憩時間ではありません。勤務中であることを意識して、待機時間を過ごす必要があります。

具体的な待機時間の過ごし方としては、メイク直しや名刺・メモの整理などがおすすめです。待機時間は勤務時間であるため、居眠りのような過ごし方ではなく、セクキャバの仕事につながるような過ごし方を心がけてください。

待機時間と休憩時間をしっかり区別したうえで、セクキャバの仕事に臨みましょう。

業界のホンネ
関東版
関西版
PAGE TOP