セクキャバは風俗?悪質なお店の見分け方やおすすめの求人サイトも

ようこそゲストさん
キャバイト公式Twitter

セクキャバは風俗?悪質なお店の見分け方やおすすめの求人サイトも

セクキャバは、お客さんと恋人気分でイチャイチャできるサービスが売りの仕事です。
セクキャバのサービスにはお触りもあるため、水商売と風俗との境界線が曖昧で、どのようなお店なのかよくわからないという人も多いのではないでしょうか。

当記事では、セクキャバ店の仕組みについて分かりやすく解説します。
悪質なお店の見分け方や、おすすめのセクキャバ求人サイトも紹介しているため、これからセクキャバで働くことを考えている人はぜひ参考にしてください。

1.セクキャバは風俗と水商売のどっちに分類される?

セクキャバとはセクシーキャバクラの略称で、おっパブ(おっぱいパブ)やツーショットキャバクラなど、さまざまな呼び方があります。

セクキャバは風俗ではなく水商売に分類されます。
キャバクラはお客さんの隣に座ってお酒を飲みながら接客しますが、セクキャバではお酒を飲みながらの接客に加えて、上半身へのお触りがOKという点が特徴です。

1-1.セクキャバの営業は合法

セクキャバの営業自体は合法です。法律上、セクキャバは風俗営業1号や風俗営業2号に基づき営業しています。あくまで飲食店として営業しているため、風俗店のような抜きのサービスはありません。
ただし、中には上半身裸になって接客するなど、キャバクラよりもハードなサービスを提供しているお店もあります。

現在、風営法による規制によって、全国的に店舗型性風俗店を出店することができなくなっています。そのため、近年では風俗のようなサービスを行う店舗がセクキャバとして出店しているケースもあり、セクキャバはグレーゾーンとなっています。

違法性のあるセクキャバ店では、禁止とされている抜きのサービスを提供している傾向があります。ヘルスのような抜きのサービスを提供している場合、警察からお店が摘発されるだけでなく、セクキャバ嬢が摘発されるリスクがあるため、セクキャバで働く際は、時給の高さなどで選ばず、仕事内容を確認することが重要です。

2.悪質な営業を行っているセクキャバの特徴

セクキャバで安全に働くためには、法律を守って合法的に営業しているお店を選ぶことが大切です。セクキャバの中には悪質な営業を行っているところもあるため、どのようなお店が悪質なのか、特徴を知っておく必要があります。

ここでは、悪質な営業を行っているセクキャバの特徴について詳しく解説します。

2-1.求人情報に営業時間を記載していない

セクキャバ店の営業は、原則として24時までと決まっています。そのため、求人情報に営業時間を記載していないお店は、グレーな営業を行っている可能性があります。

働く側としては、営業時間が長いほうが稼げると感じるでしょう。しかし、24時以降は違法営業であり、違法営業をしているお店で働いている場合、女の子も摘発を受ける恐れがあるため注意が必要です。

求人情報の営業開始時間が具体的に記載されていて、終業時間や出勤予定に「ラスト」と書かれている場合は、応募や面接の際に営業時間が何時から何時までなのかしっかり確認しましょう。

2-2.朝まで営業している

原則として24時までの営業と定められているにもかかわらず、朝まで営業を続けているセクキャバ店が存在します。中には、昼まで営業しているケースもあります。

法律を守らず、24時以降も営業しているお店では、営業時間以外にも違法行為を行っている可能性が高い傾向です。
求人情報や面接時に確認した営業時間と実際の営業時間が異なる場合は、悪質な店舗である可能性が高いため、早めに退店することをおすすめします。

2-3.未成年の女の子を出勤させている

セクキャバをはじめとした水商売では、18歳以上で高校を卒業していない女の子は働くことができません。未成年の女の子を出勤させた場合、児童福祉法違反として摘発される恐れがあります。

合法で営業しているお店の場合、トラブルを防ぐため面接時に身分証明書の提示を促し、女の子の年齢確認を行っています。
しかし、水商売や風俗では素人系や若い女の子の需要が高く、店舗の売上をアップさせられることから、面接時に年齢確認を行わず未成年をそのまま雇用しているお店も存在します。

未成年の女の子を出勤させているお店は、完全に違法店です。自分が成人していても、年齢確認が行われなかったり、未成年が働いていたりする場合は、入店または退店を検討しましょう。

2-4.本番行為を推奨・許容している

セクキャバは飲食店として営業許可を取っているため、上半身へのタッチはOKでも風俗のようなサービスを行わないことが基本です。胸舐めなどのやや過激なサービスを行っているお店もありますが、手コキやフェラなどの抜きのサービスや本番行為はNGです。

しかし、中には本番行為を推奨している他、お客さんからの本番行為の強要を許容しているるお店も少なからず存在します。本番行為を推奨・許容しているお店は、売春防止法違反にあたります。

セクキャバ店の求人に応募する際は、店舗の口コミも確認し、本番行為が行われているお店であるかどうかを事前にチェックしておきましょう。

2-5.営業許可がない状態で営業している

お店を開業するためには、営業許可が必要となります。セクキャバの場合「飲食店営業許可」と「風俗営業許可(風俗営業1号)」が必要です。
営業許可がない状態で営業することは違法であるため、無許可で営業しているセクキャバ店に勤めた場合、トラブルに巻き込まれる可能性があります。

店舗型の風俗店の新規出店が認められなくなった頃は、違法風俗店が多数存在しました。
しかし現在は、無店舗型の風俗として比較的簡単に許可が取れるホテヘルやデリヘルが出てきたことにより、あえて無許可のリスクを冒して営業するセクキャバ店は少なくなっています。

そのため、営業許可がない状態で営業しているセクキャバ店に遭遇することはほとんどありません。しかし、中には無許可のまま営業している店舗も存在するため、注意が必要です。

3.セクキャバとキャバクラどっちで働くのがおすすめ?

お触りのサービスに抵抗がない場合は、セクキャバで働くことがおすすめです。
セクキャバはお客さんとの接触が多いため給料が高く、指名やオプションによる歩合も期待できるため、キャバクラよりも気軽で効率よく稼ぐことができます。

キャバクラでは、指名を取るためにはお客さんへの営業が必須です。しかし、お客さんへの営業の際にストーカーなどのトラブルが発生するケースもあり、キャバクラの営業活動は何かと危険があります。
一方で、セクキャバはノルマが厳しくないお店が多く、お客さんへの営業に力を入れる必要がないため、気軽に働くことができます。

セクキャバはあくまで飲食店の位置づけにあるため、しっかりとルールを守っている合法店であれば安心して働くことができます。

4.セクキャバで働くなら専門の求人サイトを利用しよう!

セクキャバで働く際は、お店選びが何より大切です。

安心して働けるセクキャバ店を探すなら、セクキャバ専門の求人サイト「キャバイト」をおすすめします。キャバイトはセクキャバ専門求人サイトという特徴を活かし、厳選された優良店の求人を掲載しているため、未経験者でも安心して求人を探すことが可能です。

また、キャバイトではお店の雰囲気や特徴などの詳細も紹介しています。求人などに掲載している情報は、キャバイトのスタッフが実際にお店に足を運んで調べた情報で、ウソの情報はありません。

セクキャバは水商売と風俗の中間のような業種のため、安全に働くためには詳細情報を記載している求人サイトの利用が必須です。不要なトラブルを回避しつつ、快適に働ける求人を探す際は、ぜひキャバイトの活用を検討してみてください。

まとめ

セクキャバは、キャバクラと同じで水商売に分類されます。
ただし、セクキャバはお酒を飲みながらの接客に加えて、お触りのサービスがあるため、働く際にはお店選びが重要となります。

セクキャバの営業自体は合法ですが、中には違法に営業しているお店も存在します。セクキャバ店で働く際は、違法行為を行っていないかをしっかり確認した上で求人に応募することが大切です。

安心して働くことができるセクキャバを探すなら、セクキャバ専門の求人サイト「キャバイト」の利用がおすすめです。厳選された優良求人のみを掲載しています。

業界のホンネ
関東版
関西版
PAGE TOP