セクキャバの「ダウンタイム」とは?オールダウンタイムとの違いも!

ようこそゲストさん
キャバイト公式Twitter

セクキャバの「ダウンタイム」とは?オールダウンタイムとの違いも!

高収入を得られるナイトワークを経験したことのない女性にとって、「セクキャバ」はどのようなお店なのか、どのようなサービスを提供するのか、わからないことが山積みです。

そもそもセクキャバとは、一般的なキャバクラにキスやお触りサービスがついたお店のことを言います。
セクキャバで稼ぐためには、「ダウンタイム」という特別な時間が大切です。

そこで今回は、セクキャバでよく聞くダウンタイムの意味とサービス内容、自分に合うセクキャバ店を選ぶコツを紹介します。
仕事面・金銭面の不安を解消し、スムーズにセクキャバ嬢デビューを果たすための基礎知識として、ぜひ参考にしてください。

1.セクキャバでよく聞く「ダウンタイム」とは?

セクキャバの「ダウンタイム」とは、お客さんに対し、ボディタッチやスキンシップを認める時間のことです。
地域によっては、「ハッスルタイム」「ショータイム」「サービスタイム」といった名前で呼ばれるケースもあります。

ダウンタイムの頻度や1回あたりの時間は、セクキャバ店によってさまざまです。
大まかな目安として、20分から60分に1回・1回あたり5分程度が平均と言えます。

ダウンタイム中は、店内の照明が落とされる・アップテンポのBGMが大音量で流されるといった演出を伴うセクキャバ店が多く、お客さんにとっては「お楽しみ」の時間です。
セクキャバ嬢は、お客さんの膝の上にまたがったり、積極的なスキンシップを図ったりして、お客さんの心をとらえましょう。

1-1.オールダウンタイム制との違い

オールダウンタイムとは、セット時間いっぱいをダウンタイムとみなし、ボディタッチやスキンシップを常時認めるシステムです。
「好きなときにセクキャバの女の子とスキンシップを図りたい」と考えるお客さんにとっては良心的なシステムに該当します。

ただし、「オールダウンタイム制のセクキャバは、必ずハードなサービスを要求される」とは限りません。
オールダウンタイムのセクキャバにも、トークの時間を長く確保し、クラブやキャバクラ遊びのように楽しむ人が来店します。

また、女の子の中には「ダウンタイムが訪れたため、積極的にサービスを提供しなくてはならない」といった感情を抱く必要はありません。
そのため、接客中の焦りやストレスを軽減させることができます。

2.ダウンタイム制の料金システム

ダウンタイム制のセクキャバは、オールダウンタイム制のお店と比較して、基本的に料金相場が高めです。
その分、女性に対する金銭的な見返りも大きく、高収入を実現しやすい傾向があります。
セクキャバで人一倍稼ぎたいと考える女性は、オールダウンタイム制のセクキャバを選択すると良いでしょう。

セクキャバ店の一部は、「服を脱ぐ」「胸を舐める」「ツーショット写真を撮影」などのサービスに対するチップを設定し、その都度支払うシステムです。
女性自身がお客さんと交渉し、チップの金額を設定するシステムのセクキャバ店も見られます。

セクキャバの料金システム詳細はお店によって異なることを理解したうえで、体験入店や面接の機会を利用し、内容をきちんと確認しましょう。

3.ダウンタイム制の詳しいサービス内容

ダウンタイムで提供するサービスは、セクキャバごとに異なります。
お店が認めるルール以上のサービスを要求された場合、拒否することは当然可能です。
「どの程度のボディタッチ・スキンシップ認めるか」を事前によく確認し、ルールに沿ったサービスを提供しましょう。

多くのセクキャバの認めるサービスには、下記のような内容が含まれます。

  • ・服の上から胸にタッチする
  • ・上半身裸になり、男性にまたがる
  • ・制服の中に手を入れ、胸や乳首にタッチする
  • ・フレンチキス
  • ・ディープキス
  • ・下着の上から女の子の局部にタッチする

また、ダウンタイム制のセクキャバをより細かく分類すると、ソフトサービスタイプ・ハードサービスタイプの2種類に分けられます。

ソフトサービスタイプ
ソフトなスキンシップを含むことが多い
ハードサービスタイプ
濃厚なスキンシップを含むことが多い

どちらのタイプなのかによっても、ダウンタイム中のサービス内容は大きく異なることを覚えておきましょう。

3-1.VIPルームがある場合は過激なサービスもある

表向きはソフトサービスのセクキャバでも、ソファーからVIPルームに移動させ、過激サービスを提供する「過激店」も中にはあります。
VIPルームの使用には追加料金を支払わなければならないケースが多く、誘導に成功した女の子は、高額バックを得ることが可能です。
VIPルームで提供されるサービスは、女の子の裁量に任されるケースが目立ちます。

ただし、抜き行為(男性の射精を促す行為)など風俗嬢まがいのプレイ・本番行為(挿入行為)を提供することは、風営法違反です。
行為の最中に警察のガサ入れを受けると、事情聴取を受ける可能性が高いと言えます。
「女の子の裁量」とは言え、禁止行為や法律違反を黙認するセクキャバ店は悪質であるため、入店を控えることがおすすめです。

4.セクキャバで働く際はお店選びが最重要

上記の通り、風営法違反の行為を黙認するセクキャバは、少なからず存在します。
一部の女の子が過激サービスを提供すれば、他の女の子にも要求するお客さんが増加し、ストレスを感じる可能性が否めません。

風営法違反とまではいかなくとも、基本サービス以上のボディタッチやスキンシップを黙認するセクキャバも多くあります。
ハードサービスを黙認するお店では、女の子からのヘルプサインを無視するケースもあり、正攻法で働くことを希望する人にとっては非常にハイリスクです。

セクキャバで安全かつ効率的に働くためには、お客さん・スタッフの質にこだわり、お店選びを進めましょう。
信頼できるスタッフがいて、かつルールを守ってお客さんの多いお店は人気店である可能性が高く、高収入を実現しやすい環境です。

その他、お店選びを進める際には、以下の内容にも注目しましょう。

  • ・面接時に身分証明書の提示依頼を受けたか
  • ・ホームページは存在するか
  • ・客引き行為を行っていないか
  • ・お客さんのルール違反行為を黙認していないか

また、「セクキャバ」と一口にいっても、巨乳専門店やドレス・コスプレ着用店、ギャル専門店や人妻コンセプトのお店など、さまざまなジャンルのセクキャバ店が存在します。
容姿(ルックス)や性格、スタイルやイメージに応じて、自分にあったセクキャバ店を選択しましょう。

5.自分に合ったセクキャバ店を探すなら?

業界未経験の女の子が悪質なセクキャバ店を見極めることは、難易度が高い行為と言えます。
安全で働きやすいセクキャバ店を探すためには、優良店のみ掲載する求人サイト「キャバイト」での会員登録と情報収集がおすすめです。

キャバイトは、以下のような特徴を持つ、セクキャバ・いちゃキャバ求人サイトに該当します。
未経験からセクキャバデビューを目指す女の子も、安心して仕事を探すことが可能です。

①実際に取材した内容を掲載するため、ウソの情報がない

キャバイトのスタッフがセクキャバ店を訪問し、待遇や職場環境の事実確認を行います。虚偽情報を記載することはなく、事実に基づく内容のみが掲載されるため、効率的な仕事探しが可能です。

②ユーザー窓口完備で、些細なことでも相談可能

仕事探しを進める上で不安なことは、問い合わせページから相談できます。
些細な相談にも親身に応える、徹底したサポート体制が魅力です。

③体験入店で祝い金をプレゼント

キャバイト掲載の求人に応募し、1日体験入店すると、キャバイトから祝い金を受け取れます。
体験入店当日の給料・祝い金をダブルで受け取ることができる、非常にお得なシステムです。

④無料会員登録で豪華賞品をもらえるチャンス

キャバイトでは、会員登録者を対象に、豪華賞品が当たるキャンペーンを実施します。
キャンペーンは月に1回開催しており、いつ登録する人も、抽選参加が可能です。

キャバイトへは、6個の質問に答えるだけで、簡単に登録できます。
高収入の実現を目指すための第一歩として、ぜひキャバイトに会員登録をしてみてください。

まとめ

セクキャバのダウンタイムの意味・オールダウンタイムとの違い・働きやすいセクキャバ店を探す方法について解説しました。
安全かつ効率的に稼ぐためには、オールダウンタイムの店を選択すること・悪質なセクキャバ店を避けることの2点が大切です。

そして、自分に合うセクキャバ店を探す際には、セクキャバ・いちゃキャバ求人サイト「キャバイト」を活用しましょう。
キャバイトの無料会員登録を行うことは、理想の収入を実現するための最初の一歩に該当します。
ここまでの内容を参考に、ぜひキャバイトの無料会員登録を済ませて、自分自身の希望に合うセクキャバ店を探してみましょう。

業界のホンネ
関東版
関西版
PAGE TOP