いちゃキャバは学生でも働ける?学業と両立して働くポイントも解説

ようこそゲストさん
キャバイト公式Twitter

いちゃキャバは学生でも働ける?学業と両立して働くポイントも解説

いちゃキャバは、キャバクラやガールズバーより働きやすく、風俗よりも安全なナイトワークです。昼職よりも気軽に高時給を稼げるため、いちゃキャバの仕事に興味がある学生も多いのではないでしょうか。

当記事では、学生がいちゃキャバで働くための基礎知識を解説します。学業と両立するポイントや、おすすめの求人サイトも紹介するため、これからいちゃキャバでのバイトを考えている学生は、ぜひ参考にしてください。

1.学生でもいちゃキャバで働けるの?

いちゃキャバとは、お客さんと女の子がいちゃいちゃしながらお酒と会話を楽しめる店のことです。普通のキャバクラのようにお客さんの隣に座って接客しつつ、手を握ったり寄り添ったりして、恋人気分を味わえるようになっています。

いちゃキャバは、高校を卒業した18歳以上の女性であれば、誰でも働くことができる職場です。18歳以上であれば、大学生や専門学校生といった学生は、問題なくいちゃキャバ勤務ができます。

ただし、18歳であっても高校生はいちゃキャバで働くことができません。これからいちゃキャバで働こうと考えている人は、まずは高校を卒業してからにしましょう。

実際に、いちゃキャバで働いている学生は多く、学業との両立が可能です。
昼職のバイトと比べて稼げるうえ、セクキャバや風俗店よりもリスクが少ないため、学生でも比較的チャレンジしやすい職種といえます。

2.学生がいちゃキャバで働くメリット

学生が水商売や風俗業で働く場合、いちゃキャバはおすすめの職種です。学生は合コンや女子会、奨学金の返済など、普段の生活費の他にも何かと出費がかさみます。

大学生や専門学生でもいちゃキャバで働いている女の子は多く、高収入を得られるいちゃキャバはナイトワークの中でも人気です。

ここでは、学生がいちゃキャバで働くメリットについて詳しく解説します。

2-1.他のナイトワークより働きやすい

水商売や風俗といったナイトワークの中でも、いちゃキャバは働きやすく稼ぎやすい仕事です。ナイトワークといえばキャバクラやガールズバーが一般的ですが、キャバクラやガールズバーはお酒が飲めないと稼ぎづらく、学生生活と両立することは難しい仕事です。

また、キャバクラは高時給ですが、ドリンクバックや同伴、指名などのノルマがあるため、稼ぐためには営業努力が欠かせません。ガールズバーはノルマは少ないものの、時給が低く、中には昼職のバイトとそれほど時給が変わらない店舗もあります。

いちゃキャバはお酒が飲めなくてもトークだけで稼ぎやすく、時給もガールズバーより高いため、学生でも特に稼ぎやすい仕事です。
ノルマを課すお店もあまりないため、キャバ嬢のような営業も必要ありません。人気店では高額給与も期待できるため、未経験者もしっかり稼ぐことができます。

また、いちゃキャバは風俗と異なり性的サービスの提供がないため、安心して働ける点も大きなメリットです。キスや手を握るなどのソフトサービスが中心で、精神的な負担が少なくないため、学生やナイトワーク未経験者も気軽に働けます。

2-2.学生の需要が高く稼ぎやすい

いちゃキャバでは、若い女性ほどお客さんから需要があります。さらに「現役学生」という肩書そのものに高い需要があるため、学生が効率よく稼ぐためには最適の仕事です。
たとえば、東京では池袋や渋谷、新宿の歌舞伎町など、学生がアクセスしやすいエリアの求人情報が多く、学校帰りでも気軽に働くことができます。

ナイトワークのお店にはさまざまなジャンルがありますが、学生には「学園系」「ギャル系」など、制服姿のコスプレや学生を売りにしたジャンルのいちゃキャバがおすすめです。コスプレをすることの多いお店では、貸し衣装が無料であるお店も多いため、衣装代を気にせず気軽に働けます。

また、風俗経験者より、未経験の女の子の方がお客さんからのウケが良いため、学生には「素人系」のお店も向いています。まずは体入で、自分に合ったお店を見つけましょう。

お客さんにとっては、現役の学生がナイトワークで働いているというギャップが好印象に繋がるため、店側も学生バイトを求めています。
他の年代や社会人と比較しても、学生は好条件で働けるお店が多いため、稼げるうちに学生のステータスを利用すると良いでしょう。

2-3.学業と両立しやすい

いちゃキャバは他のナイトワークや風俗と比べて、出勤シフトの自由度が高い点が魅力です。いちゃキャバの求人を見てみると「週1から勤務可」「短時間OK」といった条件がほとんどで、中には「完全自由出勤OK」というお店もあります。

出勤ノルマがあるキャバクラなどと比べて、自分の生活ペースに合わせてシフトを決められるいちゃキャバは、学業と両立しやすい仕事です。

学生が完全自由出勤のいちゃキャバ店で働く場合、下記のようなシフトを組むことも可能です。

学業といちゃキャバの両立例
平日 学校の授業に合わせて週3勤務
休日 平日よりも遅い時間まで勤務
テスト前 試験勉強のため2週間休み
長期休暇中 集中して稼ぐためオープンからラストまで週5勤務

いちゃキャバはペナルティなどもない店がほとんどのため、急用や体調不良での欠勤があっても問題ありません。シフトやノルマを気にせず気軽に働くことができるため、学業を優先しつつ高収入を得るためには最適の仕事です。

3.大学生・専門学校生がいちゃキャバで働く際の注意点

いちゃキャバは学生にとって働きやすい職場ですが、働くにあたってはいくつか注意点があります。気軽に働くことができる分、生活リズムのキープや身バレ防止をすることが大切です。

ここでは、大学生や専門学校生がいちゃキャバで働く際に学業に支障が出ないための注意点を解説します。

3-1.学業との両立を忘れないこと

いちゃキャバの仕事は、基本的に夕方から深夜が中心です。不規則な生活を続けているうちに生活リズムが崩れてしまい、学校に登校できなくなってしまったという人も少なくありません。

学生がいちゃキャバで働く際は、講義や試験のスケジュールを十分に考えたシフトを組みましょう。店側からシフトを増やすように頼まれることもありますが、流されて無理なシフトを組まないように気を付けてください。

「普段は週〇回勤務が可能で、テスト前はシフトに入れない」など、応募先にわかる範囲で自分の希望シフトを伝えておきましょう。

3-2.身バレしないように注意すること

学生がナイトワークで働く場合は、身バレに気を付けましょう。親や彼氏にバレてトラブルが起こったり、学校関係者にバレて学校に行きづらくなったりするケースも少なくありません。

仕事の際は、自分の本名やプライベート情報を明かさないことが基本です。職場では本名と全く関係のない源氏名を使うといった方法がおすすめです。

また、いちゃキャバで働いていると、自分では気付かないうちにナイトワーク特有の癖が身に付いてしまうことがあります。特にお金の使い方とお酒を飲む際の独特の習慣に気を付けましょう。

いちゃキャバは昼職に比べて圧倒的に給料が高く、効率よくお金を稼ぐことが可能です。お金の使い方が派手になったことから周囲に水商売を疑われ、身バレに繋がるケースは珍しくありません。

4.学生がいちゃキャバで働く場合は「キャバイト」でお店を探そう

いちゃキャバの求人は、一般的な求人サイトにはほとんど掲載されていません。いちゃキャバの求人を探すなら、いちゃキャバ専門の求人サイトの利用がおすすめです。

「キャバイト」は、いちゃキャバに特化しており、求人数が豊富なため、自分に合ったお店を効率よく探すことができます。業界未経験の学生でも働きやすい求人が揃っているため、安心して応募できるでしょう。

また、キャバイトはお店の雰囲気や特徴、待遇などの情報をわかりやすく記載しているため、自裁に働いたときのイメージを掴むことも可能です。

さらに、いちゃキャバに関するコラムなどのお役立ちコンテンツも豊富にあるため、体験入店の前にしっかり業界知識を身に付けられる点も魅力です。

まとめ

いちゃキャバは、高校を卒業した18歳以上の女性なら誰でも働くことができるため、学生に人気のナイトワークです。高時給でノルマも少なく、自由なシフトで働くことができるいちゃキャバは、学業との両立もしやすくなっています。

学生がいちゃキャバで働く際は、生活リズムの乱れや身バレへの注意が必要です。

学生でも働けるいちゃキャバの求人を探す際は、求人数が豊富で、いちゃキャバに関するコラムなどのお役立ちコンテンツのある「キャバイト」の活用を検討してみてください。

業界のホンネ
関東版
関西版
PAGE TOP