いちゃキャバは同伴・アフターが必要?誘われた場合の対処法も解説

ようこそゲストさん
キャバイト公式Twitter

いちゃキャバは同伴・アフターが必要?誘われた場合の対処法も解説

いちゃキャバは楽に高収入が目指せる職種です。
キャバクラのようにトークがメインではなく、かつソープやヘルスのように性的サービスがありません。

一方で、「いちゃキャバで働きたいけど、同伴やアフターはしたくない」「いちゃキャバで働いたら、同伴やアフターは必須なの?」と考えている人もいるでしょう。

そこで今回は、いちゃキャバにおける同伴・アフターの必要性や、誘われた際の断り方を紹介します。
いちゃキャバで同伴・アフターをなるべくしたくない人は、ぜひ参考にしてください。

1.いちゃキャバには同伴やアフターは存在しない

同伴とアフターは、どちらも店外デートのことを言います。
基本的にキャバクラに存在するシステムです。
お店によっては、回数にノルマを設けている場合もあります。

同伴とアフターの概要は、下記のとおりです。

同伴
同伴とは、出勤前にお客さんと食事やデートをして、そのまま一緒に出勤することを言います。
出勤スタートと同時にお客さんが付くことがメリットです。
加えて、同伴出勤にはバック(プラスアルファの給与)も付きます。
アフター
アフターとは、勤務終了後にお客さんとそのまま食事やデートに行くことです。
同伴と違って、バックは付きません。あくまで指名客を増やすための営業方法です。

キャバクラには上記の同伴・アフターどちらも存在しており、主流なやり方となっています。

しかし、いちゃキャバは同伴・アフターが存在しません。
むしろ、同伴とアフターを禁止しているお店がほとんどです。

ここからは、いちゃキャバに同伴アフターが存在しない理由を解説します。

1-1.キャストを守るため

同伴やアフターには、少なからず危険性があります。 たとえば、2人きりの空間に連れてこられ、お客さんから無理やり体を触られるなどです。

店内では常にスタッフがいるため、2人きりの空間となることはありません。
加えて、もしもお客さんから迷惑行為を受けた場合はスタッフが守ってくれます。
店外までは監視が行き届かないため、いちゃキャバでの同伴・アフターは禁止されています。

そして、キャバクラでは同伴・アフターが許可されているにもかかわらず、いちゃキャバでは禁止されている理由は、お店のコンセプトと客層が双方で異なるためです。

キャバクラはお触りが一切禁止であるため、多くのお客さんは店外でもルールを守ります。
一方でいちゃキャバは、おさわりができるお店です。
「お店で触らせてくれたから、お店の外でも触らせてもらえる」と勘違いするお客さんが増えるため、いちゃキャバでの同伴・アフターは許可されていません。

1-2.プライバシーに配慮するため

同伴やアフターでお客さんと街を歩いていると、少なからず身バレの可能性があります。
ひと回り年上のお客さんと歩いている姿を知り合いに見られたら、夜の仕事がバレてしまうことも考えられるでしょう。

いちゃキャバはお触りが許されているお店であるため、多くの人は自分の仕事を隠したいと考えています。
いちゃキャバは、少なからずエッチなイメージのあるお店です。
「キャバクラならバレてもいいけど、いちゃキャバはバレたくない」と考える人も少なくありません。

勤務する女の子のプライバシーを守るために、いちゃキャバでは同伴・アフターが禁止されています。

2.いちゃキャバで同伴・アフターに誘われた際の対処法

いちゃキャバでは同伴・アフターが禁止されていますが、誘ってくるお客さんも存在します。

中には、断ってもしつこく同伴・アフターを誘ってくるお客さんもいるでしょう。
直接「嫌です」と伝えるとお客さんの機嫌を損ねる可能性もあるため、伝え方には注意が必要です。

次に、いちゃキャバで同伴・アフターに誘われた際の対処法を紹介します。

2-1.お店から禁止されていると答える

同伴・アフターを断る際、最も確実かつ穏便な方法はお店側のルールを伝えることです。
「自分自身ではどうにもできない」という意志がお客さんに伝われば、高確率で諦めてもらえます。

ルールである以上は、お客さんも強引には誘えません。
具体的には、下記のような伝え方がおすすめです。

  • ・「本当は行きたいけど、お店で禁止されていて…。」
  • ・「このお店、同伴もアフターも禁止なんです。ごめんなさい。」
  • ・「同伴やアフターは、私も怒られちゃうんですよね。」
  • ・「私がしてしまったら、まわりのキャストにも迷惑がかかるので…。」 等

気まずくならないためのコツは、申し訳なさそうに伝えることです。
お店から禁止されていると伝え、気まずくならないように同伴・アフターを断りましょう。

2-2.忙しいことをアピールする

忙しいことをアピールされると、お客さんは諦めざるを得ません。
なぜなら、お客さんは女の子から嫌われたくないためです。
そもそもお客さんは、女の子との距離を縮めるために同伴やアフターに誘っています。
好意を持っている女の子に事情がある場合、無理に誘おうとはしません。

具体的には、下記のような伝え方がおすすめです。

  • ・「ごめんなさい。昼職を掛け持ちしているので、時間があまりなくて…。」
  • ・「今資格の勉強をしていて、忙しいんです。ごめんなさい。」
  • ・「仕事以外はペットとの時間を大切にしているので、ごめんなさい。」 等

嘘の言い訳を使う場合は、演技力も必要です。
以前の会話と言い訳に矛盾があると、お客さんから不審に思われてしまいます。
たとえば忙しい理由を昼職にする場合は、最初から昼職をしている設定で会話を進めるべきです。

忙しいことを理由に同伴・アフターを断るために、事前に言い訳を考えておきましょう。

2-3.スタッフに断ってもらう

どうしても同伴やアフターを断り切れない場合は、スタッフに代わりに伝えてもらうことも1つの手段です。
スタッフから禁止だと伝えられたら、ほとんどのお客さんは引き下がります。

スタッフに断ってもらう際は、伝えるタイミングを見計らいましょう。
具体的には、自分とお客さんが離れる以下のようなタイミングでスタッフに耳打ちをします。

  • ・お客さんがトイレに行ったタイミング
  • ・お酒を取りに行くタイミング
  • ・名刺を書きに行くタイミング 等

スタッフに伝えるタイミングがない場合は、「少し待っててください」と言って強引に席を外してもいいでしょう。

スタッフは、いつでも女の子の味方をしてくれます。
お客さんに対して強く言えない場合やお客さんがしつこい場合は、無理せずスタッフに頼ってください。

3.同伴・アフターがなくて働きやすいいちゃキャバで働こう!

キャバクラでは同伴・アフターのノルマが設けられている場合もありますが、いちゃキャバにはそもそも同伴・アフターがありません。

働きやすいいちゃキャバを探す場合は、「キャバイト」がおすすめです。
キャバイトには、下記のような魅力があります。

いちゃキャバ・セクキャバ求人「キャバイト」の魅力

◯嘘の情報が一切記載されていない

いちゃキャバの求人の中には、女の子を集めるために嘘の情報が記載されている場合もあります。
しかし、キャバイトに記載されている求人情報は全て正しいもののみです。
「実際に入店したら、待遇が違った」ということもありません。

◯メアド非公開で応募ができる

面接前にお店へと個人情報を伝えることに、抵抗がある人もいるでしょう。
しかし、キャバイトに掲載されている求人には、メアドを使わずに応募ができます。
信頼できると判断するまでは、個人情報を伝える必要がありません。

◯体験入店で祝い金がもらえる

キャバイトを通じていちゃキャバの体験入店に行くと、祝い金が現金で振り込まれます。
体験入店時にかかる交通費や食費を、祝い金でカバーできる点が魅力です。

全国のいちゃキャバ・セクキャバ求人が揃ったキャバイトは、出稼ぎで働きたい人にもおすすめです。
いちゃキャバの仕事を探す際は、ぜひキャバイトを利用してみてください。

まとめ

いちゃキャバには、同伴やアフターがありません。
ルールで禁止しているお店がほとんどなため、同伴やアフターをしたくない人でも安心して働けます。

しかし、しつこく同伴やアフターを誘ってくるお客さんも0ではありません。
しつこく同伴やアフターを誘われた場合は、お客さんの機嫌を損ねないよう、上手に断る必要があります。
どうしても断れない際は、スタッフに断ってもらうことも手段です。

ここまでの内容を参考に、同伴・アフターをしなくて済むいちゃキャバで、効率的に稼ぎましょう。
安心して働き続けられるいちゃキャバ・セクキャバ求人は、ぜひキャバイトをご利用ください。

業界のホンネ
関東版
関西版
PAGE TOP