いちゃキャバに向いている女性の特徴とは?お店選びのポイントも解説

ようこそゲストさん
キャバイト公式Twitter

いちゃキャバに向いている女性の特徴とは?お店選びのポイントも解説

高収入を稼ぎたいと思い、「いちゃキャバ」に興味をもつ女性は少なくありません。しかし、いちゃキャバには向いている女性と向いていない女性がいます。向いていない女性がいちゃキャバで働くと、心や身体に負担がかかるだけではなく、思うように稼げず仕事がつらくなってしまうでしょう。

この記事では、いちゃキャバ未経験者や初心者のために、いちゃキャバに向いている女性の特徴を解説します。自分がいちゃキャバの仕事に向いているのか知りたい人は、ぜひ参考にしてください。

1.いちゃキャバの仕事に向いている人の特徴

いちゃキャバは、向いている女性にとってはとても稼ぎやすく楽しく感じる仕事ですが、向いていない女性にはつらい仕事で、中にはすぐに辞めてしまう女性もいます。

ここでは、いちゃキャバの仕事に向いている女性の特徴について解説します。自分がいちゃキャバに向いているかどうか、ぜひチェックしてみてください。

1-1.ボディタッチに抵抗が少ない女性

いちゃキャバの仕事では、お客さんと会話をするだけではなく、服の上から胸を触られたり、キスをしたりします。そのため、お客さんからのボディタッチに抵抗が少ない女性はいちゃキャバに向いているといえるでしょう。

また、ボディタッチに対して好意的ではなくても、「稼ぐためなら気にならない」「帰ってシャワーを浴びれば大丈夫」という気持ちをもてる女性であれば、問題ありません

いちゃキャバのお客さんは、女性といちゃいちゃすることを楽しみに来店しています。そのため、ボディタッチを拒否することはできません。お客さんからのボディタッチにストレスを感じてしまう女性にとって、いちゃキャバでの仕事はつらいものとなるでしょう。

1-2.週末に働ける女性

いちゃキャバが盛り上がるタイミングは、主に週末です。金曜日や土・日曜日はお客さんが増えるため、週末に働ける女性はお店から大変喜ばれます。本業が別にあり、副業として週末のみいちゃキャバに出勤している女性も少なくありません。

また、お客さんが増えると、指名バックやドリンクバックなど各種バックで稼ぎやすくなるため、週末は女性にとっても稼ぎやすいタイミングといえます。

1-3.身体のパーツに自信のある女性

いちゃキャバで人気が出る女性は「自分に自信がある女性」です。自分の身体に自信がなく、ボディラインを隠してばかりいては、お客さんは楽しめません。そのため、自分のルックスや身体のパーツに自信があり、しっかりとお客さんにアピールできる女性は、いちゃキャバで働くことに向いています

いちゃキャバというと、「胸が大きいほうがいいのではないか」と思う女性もいるでしょう。実際に、胸が大きい女性は人気となりやすい傾向はあります。しかし、男性が好きなパーツは胸だけではありません。足や腰など、いろいろなパーツに需要があります。

いちゃキャバで働く女性は、パーツを問わず自分に自信がある女性が多数です。

1-4.風俗には抵抗がある女性

いちゃキャバの主な仕事は、お客さんといちゃいちゃすることであり、性的なサービスは提供しません。そのため、ソープやデリヘル・ホテヘルなどの風俗に抵抗がある女性には、いちゃキャバがおすすめです

いちゃキャバの店内では常にスタッフの目があるため、お客さんが服を脱ぎ始めてもすぐにスタッフがフォローしてくれます。また、自分が裸になったり、お客さんの性器を触ったりすることもないため、性感染症などのリスクも格段に低くなるでしょう。

キャバクラよりも稼げて、風俗ほどハードなサービスがない「いちゃキャバ」で働きたいという女性は数多くいます。

2.いちゃキャバの仕事に向いていない人の特徴

いちゃキャバは、キャバクラ以上風俗未満の特殊な仕事です。そのため、残念ながらいちゃキャバには向いていない女性もいます。

高収入のためとはいえ、向いていない仕事を続けることはつらいことです。もしも自分にはいちゃキャバの仕事が向いていないと感じたときは、ほかの仕事を検討する必要があるでしょう。

ここでは、いちゃキャバの仕事に向いていない女性の特徴を解説します。

2-1.男性とのコミュニケーションが苦手な女性

いちゃキャバは風俗ではなく、接客業です。そのため、ボディタッチ以外の会話でもお客さんを楽しませる必要があります。お客さんを前にすると緊張して黙ってしまうなど、コミュニケーション能力に難がある女性は、お客さんを楽しませることができません。

ただし、いちゃキャバではサービス中にいちゃいちゃする時間もあります。そのため、キャバクラほど高いコミュニケーション能力は求められません。話すことが苦手な女性であっても、お客さんの話を聞ければ十分です。コミュニケーション能力に自信がない女性は「聞き上手」を目指しましょう。

2-2.ボディタッチに抵抗のある女性

いちゃキャバの仕事では、ボディタッチを拒否することはできません。稼ぐためには、不特定多数のお客さんからボディタッチされることとなります。そのため、いちゃキャバはボディタッチにストレスを感じる女性が働くことは難しい仕事といえるでしょう。

ただし、いちゃキャバは風俗ではないため、過激なサービスは一切ありません。また、お店によってボディタッチのレベルは異なります。ボディタッチに抵抗がある女性は、ソフトサービスが中心のいちゃキャバを選ぶこともおすすめです。

3.働いているお店が原因で「向いていない」と感じる場合も

現在いちゃキャバで働いている女性の中には、「自分にはいちゃキャバが向いていない」と感じている女性もいます。しかし、いちゃキャバの仕事そのものではなく、働いているお店に原因がある場合も少なくありません。

なぜなら、セクキャバはお店によって雰囲気やルールが違い、さらにお店の場所(エリア)によって客層が大きく異なるためです。働いているお店の雰囲気やルール、客層が自分に合っていないと、たとえ自分に向いている仕事であっても快適に働くことはできません。

自分に合ったお店を探すためには、以下のポイントを押さえましょう。

  • ・体験入店で自分に合ったお店か判断する

    ナイトワークでは、まずは体験入店(体入)をして、自分に合ったお店か判断することが一般的です。体験入店は「体験」ではありますが、本入店後と同じ仕事をします。そのため、求人情報やホームページだけではわからない、お店の雰囲気や実際の客層を見学することが可能です。

    もちろんお給料がもらえるため、実際に働き始めてから「どれくらい稼げるか」をイメージすることもできます。

  • ・お店の雰囲気やスタッフの対応を観察して働きやすいお店か判断する

    体験入店では、お店の雰囲気やスタッフの対応、ほかの女性の接客などを見学しましょう。お店全体の雰囲気が悪かったり、スタッフが親切ではなかったりするいちゃキャバでは、快適に働くことは困難です。

4.働きやすいお店を探すなら「キャバイト」がおすすめ

自分に合ったいちゃキャバを探すなら、いちゃキャバやキャバクラなど高収入ナイトワークに特化した求人サイト「キャバイト」がおすすめです。

働きやすいいちゃキャバを探すためには、まずは体験入店することが大切です。しかし、体験入店をするために必要な交通費などの雑費が負担に感じる女性も少なくありません。キャバイトなら、サイト経由で体験入店をした女性に、最大7,000円の体験入店祝い金が支給されます。出費を気にせず、体験入店を行えるでしょう。

また、キャバイトの求人情報は、キャバイトスタッフの取材にもとづいて作られているため、嘘や誇張が一切ありません。本当の情報だけで作られているため安心です。

いちゃキャバの求人情報を探す際は、ぜひキャバイトをチェックしてください。

まとめ

いちゃキャバにも、向いている女性と向いていない女性がいます。向いていない女性にとっていちゃキャバは、思うように稼げずつらい仕事です。しかし実際には、いちゃキャバの仕事自体には向いており、お店が合っていないだけというケースもあります。

自分に合ったお店を探すためには、体験入店をして、実際にお店の雰囲気や客層を把握しておくことが大切です。

自分に合ったいちゃキャバの求人情報を探したいときは、体験入店祝い金がもらえる求人サイト「キャバイト」の活用を検討してみてください。

業界のホンネ
関東版
関西版
PAGE TOP