セクキャバ嬢向け】持ち物リスト|体入時に必要なアイテムも紹介

ようこそゲストさん
キャバイト公式Twitter

【セクキャバ嬢向け】持ち物リスト|体入時に必要なアイテムも紹介

これからセクキャバで働こうと思ったときに、気になるものといえば「持ち物」です。「セクキャバの仕事には何が必要なのか」「自分で用意するものはあるのか」など、不安を感じる女性もいるでしょう。

人気セクキャバ嬢となるためには、持ち物選びも重要なポイントです。お客さんにアピールするためにも、お客さんウケのいい持ち物を選びましょう。

当記事では、セクキャバで働くときに必要な持ち物について解説します。これからセクキャバで働きたい女性はぜひチェックしてください。

1.セクキャバ嬢に必須の持ち物リスト9選

まずは、セクキャバ嬢が必ず自分で用意するべき持ち物を紹介します。

筆記用具やライターなど一部の持ち物はお店でレンタルできることもありますが、かわいいデザインや状態のいいものとは限らないため、自分で用意することをおすすめします。

なお、セクキャバではドレスなどの衣装はお店が用意した衣装を着用することが一般的です。基本的に自分で購入する必要はありません。

1-1.メイク道具

セクキャバは、お客さんに笑顔でサービスをする「接客業」です。メイクが崩れた状態でお客さんの前に立たないようにしましょう。

ミニバッグに入れて持ち歩く場合、メイク道具がかさばらないように、ファンデーションやリップグロスなどメイク直しに必要なメイク道具のみに絞ります。メイク道具の数が多くなる場合は、ミニサイズのメイク道具やメイクパレットを活用してコンパクトに収納することがおすすめです。

1-2.うがい薬

セクキャバでは、お客さんと密着して会話をしたりキスをしたりすることがあります。人の口の中には数多くの細菌が存在するため、感染予防のためにもうがい薬を用意しておきましょう。

また、口の中を殺菌・消毒することは口臭対策にもなります。口臭は接客業のエチケットとして常に気をつけましょう。

1-3.歯ブラシ・歯磨き粉

どれほどルックスがよかったり、サービスがよかったりするセクキャバ嬢でも、口臭があればお客さんに好かれません。稼げるセクキャバ嬢となるためにも、口臭対策は徹底して行いましょう。

こまめな歯磨き以外にも、マウスウォッシュやミントガムなども効果的です。

1-4.消臭スプレー

消臭スプレーは、自分の体臭ケアや次のお客さんを迎える準備に活用します。中には香水を使って体臭ケアをするセクキャバ嬢もいますが、香水が嫌いなお客さんもいるためおすすめできません。

無香料や石鹸の香りなど、お客さんウケのいい消臭スプレーを用意しましょう。

1-5.着替えの下着

セクキャバの仕事では、接客中に下着が汚れたり、破れたりしてしまうことがあります。そのため、あらかじめ着替え用の下着を用意しておきましょう。

ちなみに、人気セクキャバ嬢の中には、常に色やデザインの異なる複数種類の下着を用意し、お客さんの好みに合わせて履き変える人もいます。

1-6.ライター

ライターは、お客さんのたばこに火をつけるために必要です。お店によってはお店のロゴ入りライターやマッチをレンタルしている場合もありますが、使い慣れていないとスムーズに火をつけられないため自分で用意しましょう。

ライター選びのポイントは「デザイン性」です。安っぽいデザインのライターではなく、セクキャバの衣装に似合うかわいらしいデザインのライターを選んでください。

1-7.筆記用具

仕事を覚えるためにメモをとるときや、オーダーをスタッフに伝えるとき、名刺にメッセージを書くときなど、筆記用具(メモ帳・ボールペン)はさまざまな場面で使用します。

なお、筆記用具はお客さんの前でも使うことを考え、かわいらしいデザインのものを用意してください。とくにボールペンは、お店でレンタルできますが、使用頻度が高くお客さんの目に留まることも多いため、こだわって選びましょう。個性的で特徴のあるボールペンを使うことで、お客さんとの会話のきっかけにすることも可能です。

1-8.ハンカチ

ハンカチは、お客さんのグラスについた水滴を拭くために使用します。混雑時にはすぐに濡れて使えなくなってしまうため、複数枚常備しておきましょう。

タオル地のハンカチやキャラクターデザインのハンカチの使用は禁止されているセクキャバ店もあるため、仕事用に女性らしいブランドハンカチを用意することがおすすめです。

なお、使用後は必ず洗濯し、丁寧にアイロンがけをするようにしてください。

1-9.名刺入れ

セクキャバ嬢に限らず、名刺をポーチやポケットから直接渡すことは好ましくありません。名刺は名刺入れに入れて管理しましょう。

なお、高級なブランド品や安っぽい名刺入れではなく、女性らしいデザインの名刺入れを使うことでお客さんからの評価も上がります。

2.「できるセクキャバ嬢」の持ち物とは?

できるセクキャバ嬢が常備している持ち物は、メイク道具や名刺入れなどの「仕事中に使う道具」だけではありません。ここでは、できるセクキャバ嬢となるために用意しておきたい持ち物を紹介します。

(1)カイロ・防寒具

セクキャバの店内は、酔ったお客さんが快適に過ごせる温度となるように冷房がついているため、非常に涼しくなっています。そのため、薄着のセクキャバ嬢には寒く感じることも少なくありません。

体の冷えは体調不良の原因となります。薄いドレスや衣装の下でも使いやすいカイロ・腹巻などの防寒具を用意して、対策をしましょう。

(2)携帯用充電器

仕事終わりにスマホのバッテリーが切れていたら、憂鬱になる人もいるでしょう。携帯用充電器があれば、仕事中に充電ができます。

また、お客さんのスマホのバッテリーが切れたときに活用すると、気が利くセクキャバ嬢として評価されるでしょう。

3.セクキャバの面接・体入時に持参したい持ち物とは?

セクキャバの面接・体入時と普段の仕事では、必要な持ち物が異なります。セクキャバの面接・体入時に持参すべき持ち物は、以下の2点です。

●身分証明書

セクキャバでは、18歳未満の女性や高校在学中の女性は働けません。そのため、面接や体入時には顔写真つきの身分証明書が必要です。パスポートや運転免許証、写真つきマイナンバーカードなど、「顔写真・住所・フルネーム」の3点が確認できる身分証明書を用意しましょう。

顔写真つきの身分証明書が用意できない場合は、学校の卒業アルバムと保険証などの身分証を組み合わせることで、顔写真つきの身分証明書の代わりとするお店もあります。面接の予約をするときに、お店の男性スタッフに相談してみてください。

●履歴書

セクキャバの面接では、一般的な履歴書は不要で、お店独自のエントリーシートを記入する場合が多くあります。そのため、事前に履歴書を書く必要はありません。

しかし、あらかじめ履歴書を用意しておくことで、職歴や学歴を書くときに役立ったり、エントリーシートをその場で書く必要がなくなったりします。

4.未経験者がセクキャバで働くためには「キャバイト」がおすすめ

セクキャバで働いた経験のない女性が、セクキャバの求人情報を探す際は、セクキャバ専門求人サイト「キャバイト」がおすすめです。

キャバイトでは、実際に体入をした体験談や店内写真が見られるため、事前にお店の様子がわかります。また、メールやメッセージアプリで質問や求人応募ができるため、電話が苦手な女性にもおすすめです。

さらに、キャバイトには「体験入店祝い金プレゼント」があります。体験入店祝い金プレゼントは、キャバイト経由で体験入店をして、申請をすると最大7,000円の祝い金がもらえるキャンペーンです。

体験入店祝い金プレゼントを活用することで、交通費などの経費を気にせずに気軽に体入ができるため、セクキャバの求人を探す際はぜひキャバイトをチェックしてみてください。

まとめ

セクキャバ嬢が自分で用意するべき持ち物は数多くあります。いずれも高級なものを用意する必要はありませんが、安物ではなく女性らしいデザインの商品を選ぶことがおすすめです。

面接時には顔写真つきの身分証明書など、特別な持ち物が必要となります。詳細はお店によって異なるため、必ず確認してください。

これからセクキャバで働くことを検討している女性には、メールやメッセージアプリで質問や求人応募ができる「キャバイト」がおすすめです。セクキャバの求人を探す際は、ぜひキャバイトを活用してみてはいかがでしょうか。

業界のホンネ
関東版
関西版
PAGE TOP