おっパブの仕事内容・NGサービスや接客の流れを紹介!

ようこそゲストさん
キャバイト公式Twitter

おっパブの仕事内容・NGサービスや接客の流れを紹介!

高時給のアルバイトを探している女の子の中には、おっパブの仕事に興味を持った方もいるでしょう。おっパブはナイトワークの中でも稼げる職種であり、ソープやデリヘルなどの風俗店と比べて安全に働けることが魅力です。

ただし、おっパブはお客様によるおさわりが一部OKなため、性格的な向き・不向きがあります。そのため、求人へ応募する前に、どんな仕事なのかを詳しく知っておくことが重要です。

そこで今回は、おっパブの仕事内容やNGとされるサービスについて徹底解説します。接客の流れも解説するため、ぜひ参考にしてください。

1.おっパブではどんな仕事をするの?

おっパブは、お客様による上半身へのおさわりがある接客業です。風俗店ではないため女の子(キャスト)が性的サービスを行うことはありませんが、おさわりがある点は認識しておきましょう。

ここでは、おっパブの仕事内容について詳しく解説します。おっパブについて詳しく知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

1-1.トーク

おっパブはキャバクラと同じく、暗めの店内でお客様と楽しくトークを交わします。キャバクラとは異なる点は、お客様との距離が極端に近いことです。

接客中はお客様と恋人のように過ごします。最初から最後まで、お客様の膝の上で接客するケースも珍しくありません。

トークの内容は世間話がメインです。ただし、料金体系が時間制ということもあり「トークはさておき早々におさわりしたい」と考えるお客様も少なくありません。人気キャストほど、時間稼ぎだと思われないよう、トークとおさわりの絶妙なバランスを心得ています。

1-2.お酒の用意

お客様へお酒を用意することも大切な仕事です。最初の一杯を提供した後も、お客様のペースを見ながら適宜に追加分を用意します。自分も飲みたい場合は、キャバクラと同じくお客様に了承を得た上で頂戴します。

おっパブはおさわりがメインのため、お酒を飲まないお客様がいることも頭に入れておきましょう。また、お客様が喫煙者の場合は、煙草に火をつけたり灰皿を差し出したりします。

1-3.キス

一部を除き、おっパブは女の子とのキスをOKしています。おさわりと同じくお客様が楽しみにしているサービスであり、いわゆるバードキスではなくディープキスがメインです。舌を絡ませたキスを数分~10分行うことも少なくありません。お客様によっては、さらに長時間のキスを希望する方もいます。

おっパブでリピーターを増やすためには、キスのテクニックが欠かせません。お客様とキスをする際は、恋人のような仕草で情熱的に振る舞うことがポイントです。腕を後ろに回したり、息を荒げたりすると、お客様の興奮度はさらに上がります。

1-4.上半身へのおさわり

おっパブは名前のとおり、胸を含めて上半身へのおさわりがOKとなっています。

女の子の露出やおさわりの度合いは、お店ごとに異なります。服や衣装の上からおさわりするだけのお店がある一方で、女の子の肌に直接おさわりできるお店も少なくありません。直接おさわりできるお店では、胸へのおさわりに加えて、乳首舐めのサービスを提供します。

おっパブの客層は、胸フェチをはじめ、エッチな男性が多いことが特徴です。見知らぬ相手に、長時間おさわりされることに抵抗がある方には不向きといえます。

1-5.ハッスルタイム(ダウンタイム)

ハッスルタイムは、前述したような過激なおさわりが可能な時間のことです。おっパブは一般的に、一定時間のみ女の子におさわりできるハッスルタイム制と、常時おさわりができるオールダウンタイム制に分かれます。

ハッスルタイム制のお店は、通常時間はキャバクラのように過ごし、ハッスルタイムのみ胸やキスでもてなすイメージです。ハッスルタイムの頻度や制限時間はお店により異なるものの、2分~3分程度、長くても10分程度が目安となります。

制限時間中はお店の照明を落とすため、ハッスルタイムのことを「ダウンタイム」と呼ぶお店もあります。

2.おっパブでNGとされているサービス

おっパブでは、下記のサービスがNGとされています。

  • ・女の子の下半身へのおさわり
  • ・お客様の脱衣
  • ・お客様を射精に導く行為
  • ・本番行為

おっパブは風俗店ではありません。女の子の脚やおしりなどに触れることは、一切NGとされています。興奮したお客様が下半身に手を伸ばしてきたら、きっぱりと断りましょう。

また、お客様が自らズボンを脱いだり、女の子がお客様のズボンを脱がせたりすることもNGです。フェラや手コキなど、女の子がお客様を射精させる行為も禁止事項となります。本番行為も、もちろん厳禁です。

お客様は入店時にスタッフよりルールの説明を受けているため、禁止されている行為をしつこく要求された場合は、スタッフに報告しましょう。

ただし、お店によってNGサービスの範囲は異なります。おっパブで働くことを考えている方は、働きたいお店がどこまで許可しているのかを確認しておくことが大切です。

3.おっパブでの接客の流れ

おっパブで働く際は、仕事内容だけでなく接客の流れについても理解を深めましょう。おっパブは、以下の流れでお客様を接客します。

(1)お客様との対面・挨拶

おっパブはマンツーマンでの接客が基本です。お客様と対面したら、最初に挨拶と自己紹介をします。伝える名前は源氏名でかまいません。挨拶を終えた後は、お客様と密着して席に着きます。

(2)お客様との会話

お客様にお酒やソフトドリンクを提供しながら、会話を交わします。キスやおさわりがメインのため、会話の時間はさほど長くありません。自分もお酒を飲むべきかは本人や場の雰囲気次第ですが、お酒を飲めない方は無理して飲まなくても大丈夫です

(3)お客様の膝の上に座る

ハッスルタイムもしくは、お客様との雰囲気が良くなってきたら、キスやおさわりなどのサービスに移行します。「膝の上に乗ってもよろしいですか」と声をかけた上で、対面座位になることが基本です。

お客様の膝の上に移動したら、サービス開始となります。上半身裸になるなど、お客様の希望に応えてあげましょう。

おっパブはカーテンなどで区切られた半個室のため、サービスしているところを周囲に見られることはありません。照明も暗めなため、恥ずかしがらずに接客できます。

(4)接客終了

制限時間になり、スタッフより声がかかれば接客終了です。延長があれば対応し、なければお客様に別れの挨拶をして席を離れます。好印象を与えることができれば、次回の指名も期待できるでしょう。

4.おっパブで働くなら「キャバイト」を活用しよう!

おっパブの仕事内容や流れはお店によって異なります。そのため、お店選びは重要であり、事前の情報収集は欠かせません。複数のお店を比較すれば、自分にあったお店を手早く見つけられます。

おっパブの仕事を探す際は、求人情報サイト「キャバイト」がおすすめです。キャバイトがおすすめな理由としては、下記の3点が挙げられます。

キャバイトがおすすめな理由
  • ・おっパブの求人情報に特化している
  • ・高待遇の求人情報を掲載している
  • ・体験入店をした人の口コミを見ることができる

キャバイトは北海道から九州まで、全国各エリアのおっパブ求人情報を豊富に掲載しています。高待遇の求人情報だけを掲載するため、効率良く稼ぎたい方や、短期間でまとまった収入を得たい方に最適です。

また、各求人情報には体験入店した方の口コミが記載されており、スタッフやお店の雰囲気が応募前に把握できます。さらに、キャバイト経由で体験入店すると、お祝い金がもらえることも魅力です。

おっパブの求人を探す際は、まずはキャバイトをチェックしてみましょう。

まとめ

おっパブの仕事はトークやお酒の用意などの基本的な接客に加えて、上半身へのおさわりやキスがあることが特徴です。おっパブは、お客様を射精に導く行為や本番行為はNGなため、業界未経験者も安心して働くことができます。

ただし、おさわりの内容やNGとされているサービス、おさわりが可能な時間はお店によって異なるため、店舗情報を収集する際はしっかり確認しておきましょう。

おっパブの仕事を探す際は、豊富な求人情報を掲載するキャバイトがおすすめです。気になるお店を見つけたら、早速問い合わせてみましょう。

業界のホンネ
関東版
関西版
PAGE TOP