おっパブは生理でも働ける?勤務時の注意点と生理痛の対処法

ようこそゲストさん
キャバイト公式Twitter

おっパブは生理でも働ける?勤務時の注意点と生理痛の対処法

「生理(月経)」は、女性であれば誰もが経験する生理現象のひとつです。生理中は生理痛がつらいだけではなく、経血による汚れやにおいなど気になる心配事も増えるため、ストレスを感じる女性も少なくありません。

そこで今回は、「生理中も働きたい」「生理中は休みたい」など、生理についてさまざまな希望をもつ女性のために、おっパブ嬢の生理事情を徹底解説します。生理痛がひどいおっパブ嬢の対処法も紹介するため、ぜひ参考にしてください。

1.おっパブでは生理中でも働ける?

おっパブは、生理中であっても働くことが可能です。

おっパブでは、お客さんと会話をしたりキスや胸を使ったソフトサービスをしたりします。衣装は下着やセクシーなコスプレを着用しますが、下半身へのタッチやパンツを脱ぐことはありません。そのため、生理中であってもお客さんに気付かれることはなく、普段通りに働くことができます。

ただし生理中は普段とは違い、ホルモンバランスの乱れから体調不良となりやすく、気持ちが落ち込みがちとなるため、注意して働きましょう。

1-1.おっパブに生理休暇はある?

原則として、おっパブに生理休暇はありません。

ソープやデリヘル・ホテヘルなど多くの性風俗店の場合、お客さんの前で裸になってサービスをするため、生理休暇があります。裸になった状態では一般的なサニタリー用品は使えないため、サービスの質に影響することが理由です。

おっパブでは、裸にならずにサービスができるため、生理休暇はありません。
おっパブの給料は、キャバクラなどのほかのナイトワークと同様に時給制ではなく「歩合制」です。仕事を休むと収入がなくなってしまうため、生理中であっても出勤するおっパブ嬢は数多くいます。

2.生理中におっパブで働く際の2つの注意点

おっパブ店やお客さんに迷惑をかけることなく働くためには、生理中におっパブで働く際の注意点について理解し、対策をとる必要があります。

ここでは、2つの注意点について解説するため、生理中であってもおっパブで働いて稼ぎたい女性はぜひ参考にしてください。

2-1.ナプキンを使えない可能性がある

中には、ナプキンの使用を禁じ、生理用品はタンポンのみ使用可能としているおっパブ店もあります。例えば、Tバックの着用が必須のおっパブ店の場合、Tバックを着用しているとナプキンがつけられないため、タンポンを使うしかありません。

また、おっパブでは原則として下半身へのタッチは禁じられていますが、中には下着の上からに限り、下半身へのタッチを許可しているおっパブ店もあります。そのようなおっパブ店では、触り心地の観点から、ナプキンの使用は禁止されていることがほとんどです。

2-2.いつも通りの接客が難しくなる

生理中は、頭痛や腰痛といった生理痛だけではなく、ホルモンバランスの乱れからさまざまな症状が出ます。その結果、いつもと同じように笑顔で接客することが難しくなる可能性があります。

  • 〇乳房や乳首を触られると痛みが出る

    生理中は胸が張るため、お客さんに乳房や乳首を触られると痛みが出る場合があります。おっパブのお客さんは、おっパブ嬢の胸を触ることを楽しみに来店しているため、「痛むから触らないでください」とはいえません。

  • 〇イライラしやすくなる

    生活リズムが乱れてホルモンバランスが崩れやすくなると、生理中のイライラが悪化する場合があります。

    イライラした状態で接客をすると、お客さんにイライラが伝わってしまったり、集中して働けなくなってしまったりするでしょう。また、気持ちが落ち込みがちになるため、仕事がつらく感じる女性も少なくありません。

3.生理痛がひどいおっパブ嬢の対処法3選

生理痛がつらいときは、休息をとることが大切です。しかし、「どうしても働きたい」という女性もいるでしょう。

ここでは、生理痛がひどくても出勤したい女性のために、対処法を3つ紹介します。生理痛のつらさを緩和したり、お店に迷惑をかけたりせずに働くために大切な方法でもあるため、ぜひチェックしてください。

3-1.生理周期に合わせて出勤する

生理周期が安定しており予定通りに生理が来る場合は、生理周期に合わせて出勤する日程を調整することで、体への負担を軽減できるでしょう。

自由出勤制を取り入れているおっパブ店の場合は、自分の都合に合わせたシフトを入れられます。自由に当日欠勤ができるわけではありませんが、自分で働くスケジュールを決められるため、生理周期に合わせた出勤が可能です。

生理痛がつらくなることが予想される日は休み、生理が軽めになる日は出勤するなど、体調に合わせて調整しましょう。

3-2.生活習慣を改善して生理を軽くする

生活習慣を改善することで、生理痛を緩和することができます。生理痛がつらくて働けない女性は、以下の方法を試してみてください。

  • 〇生活リズムを整える

    生活リズムの乱れは、ホルモンバランスに悪影響を及ぼします。起床時間と就寝時間のルールを作り、できるだけ毎日同じ時刻に起床・就寝するようにしましょう。

  • 〇体を温める

    血行不良は、生理痛が悪化する原因となります。露出の高い服装や素足は避け、脚やお腹を温める服装を心がけましょう。

    また、日頃から筋肉をつけて基礎代謝量を上げたり、シャワーだけではなく湯舟につかる習慣をつけたりすることもおすすめです。

  • 〇食生活を改善する

    生理痛がつらい女性は、食生活にも注意が必要です。チーズや牛乳、チョコレートなどの脂肪分が高い食品は、摂取しすぎるとホルモンバランスに悪影響を与えるため控えてください。ハーブティーを飲んだり、香味野菜を使った料理を食べたりすることがおすすめです。

3-3.事前にお店のスタッフに相談する

生理痛がつらくサービスに影響が出る可能性がある場合は、あらかじめ店長などお店のスタッフに相談してください。その際、ただ「生理痛がつらい」と主張しても、つらさは伝わりません。具体的に症状を伝え、サービスに支障が出ることを伝えましょう。

なお、相談は出勤日当日ではなく、なるべく早く行ってください。おっパブ嬢が生理休暇をとると、お店は代わりに出勤してくれるおっパブ嬢を探す必要があります。出勤日当日に生理休暇をとってしまうと、シフトの穴埋めが困難です。

4.生理で休みたくても出勤を頼まれたら?

生理中は、体が弱っていたり気持ちが落ち込みがちだったりします。そのため、無理をせずに休息をとることも大切です。しかし、「スタッフに相談しても休ませてくれない」「店側にタンポンの使用を強制されて困っている」という場合は、ほかのおっパブ店で働くことを検討してもよいでしょう。

優良なおっパブ店の求人を探したいときは、ぜひ「キャバイト」をご利用ください。キャバイトは、おっパブやセクキャバに特化した求人サイトです。こだわり条件や衣装などから求人情報を検索できるため、自分に合ったおっパブ店を探せます。

求人情報に記載されている情報は、募集要項やおっパブ店スタッフからのメッセージだけではありません。キャバイトのリポーターが注目したポイントや体験入店のレポートも記載されており、客観的な評価をチェックできます。

おっパブの求人を検索したいときは、ぜひキャバイトをチェックしてください。

まとめ

おっパブは下半身を露出する必要がないため、生理中でも働けます。生理中に働きたいときは、生理周期に合わせて出勤したり生活習慣を見直して生理痛を軽減したりしましょう。

ただし、生理中は生理痛がつらく、いつも通りの接客が難しくなることがあるため注意が必要です。どうしてもつらいときは、あらかじめスタッフに相談し、休ませてもらいましょう。

今のおっパブ店と生理中の働き方が合わず困っている女性は、求人サイト「キャバイト」を利用して、自分に合ったおっパブ店を探してみてください。

業界のホンネ
関東版
関西版
PAGE TOP