いちゃキャバで稼げない・指名が取れない女の子の特徴と稼ぐコツ3選

ようこそゲストさん
キャバイト公式Twitter

いちゃキャバで稼げない・指名が取れない女の子の特徴と稼ぐコツ3選

いちゃキャバはナイトワークの中でも高い人気を誇ります。一般的なアルバイトより待遇が良く、風俗アルバイトのような性的サービスを行わないことが人気の理由です。

しかし、誰でも無条件で高収入を得られるわけではなく、「思ったよりも稼げない」と感じている方もいるでしょう。いちゃキャバの給与は、お店の待遇や客層によっても異なります。しかし、稼げない原因が女の子にあるケースも少なくありません。

そこで今回は、いちゃキャバで稼げない女の子の特徴と、効率的に稼ぐためのコツについて解説します。稼げないと感じている女の子は、ぜひ参考にしてください。

1.そもそもいちゃキャバで働く女の子の平均給与は?

いちゃキャバは「時給制」の給与システムが基本となっており、地方と都会で差はあるものの、時給相場は3,000~5,000円となります。一日当たり4時間働いたとして、10日間で20万円前後が平均的な目安です。

指名バックやドリンクバックなどのバック率によっては、給与はさらに多くなります。働き方によりますが、トップレベルともなれば月に100万円近くを稼ぐケースも珍しくありません。

いちゃキャバの時給はセクキャバとほぼ同水準となる一方で、キャバクラと比べれば低い傾向にあります。しかし、キャバクラは衣装代・メイク代・送迎代などの雑費も多く引かれることが難点です。時給の保証制度がないお店も多く、効率的に稼ぐという点では、いちゃキャバのほうが優位となるでしょう。

いちゃキャバの時給システムは、売上スライド式、またはポイントスライド式の2つが代表的です。どちらにしても時給単価はナイトワークの中でも十分に高く、決して稼げない職種ではありません。

2.【いちゃキャバ】稼げない・指名が取れない女の子の特徴

前述したいちゃキャバの平均給与を大幅に下回っている場合は、自分にも何らかの原因があると考えるべきでしょう。事実、頑張っていても指名が取れない女の子たちには、いくつかの共通した特徴が見られます。

ここからは、稼げない・指名が取れない女の子の特徴を詳しく解説します。自分に当てはまる項目がないか、チェックしてみてください。

2-1.出勤日数が少ない

稼げないと悩んでいる女の子は、そもそも出勤日数が少ない傾向にあります。出勤日数が少なければ月の収入が減るだけでなく、常連さんも付いてくれません。

また出勤日数が少ないだけでなく、不定期出勤の女の子も同様に、常連さんを増やすことは困難です。「今日出勤するから来てほしい」と突然伝えても来てくれる常連さんを育てるためには、それだけの接客スキルが必要となります。

さらに、安易に当日欠勤をする女の子もいます。当日欠勤は信用を失う重大行為であり、稼ぐチャンスを自ら放棄していると言っても過言でありません。

2-2.お客さんに触られることを嫌がる

いちゃキャバはその名の通り、お客さんとのスキンシップをメインに楽しむお店です。いちゃキャバに訪れるお客さんは、女の子との触れ合いを楽しみにお店を訪れています。

そのため、胸やお尻などへのお触り・キスを嫌がる女の子はお客さんに好かれません。キスや受け身が好きではない女の子は、いちゃキャバではなくソフトサービスの風俗のほうが向いている可能性もあります。

2-3.トーク力がまったくない

いちゃキャバは会話が仕事内容のメインではないため、キャバクラ嬢のような優れたトーク力は必要ありません。しかし、トーク力がまったくなければ場が盛り上がらず、お客さんは気まずい思いをするばかりです。

いちゃキャバは酔ったお客さんも多く訪れますが、適当な受け答えは必ず見透かされます。終始相づちを打っていれば問題ないと考えている女の子は、認識を改めなければなりません。

また、トーク力の自信のなさから、お客さんに対して愛想も悪くなってしまう女の子も多くいます。愛想の悪さも、お客さんが離れてしまう理由の一つです。

2-4.容姿に気を遣っていない

容姿に気を遣っていない女の子は、お客さんが定着しにくくなります。いちゃキャバの店内は暗めではあるものの、お客さんとはほぼ密着状態です。

どれだけ素がきれいな女の子であっても、手入れのしていなさそうなヘアスタイルや、薄すぎるメイクはお客さんに「手抜き」だと思われ、飽きられる可能性が大いにあります。

接客全般に自信があるにもかかわらず稼げないと悩む女の子は、まず自分が「容姿に気を遣っているか」を一度考えてみましょう。

2-5.ルールに違反して稼ごうとしている

いちゃキャバはマンツーマンの接客スタイルとなるため、黙ってルール違反をしても、すぐに周りにバレるリスクは少ないと言えます。

しかし、目先のお金欲しさにルール違反をする女の子は、一時的に稼げたとしても安定収入を得ることはできません。例えば、お触りNGの部分を触らせることや、アフター禁止のお店でアフターをするなどの行為です。

指名を取るためとは言え、ルール違反はいずれお店から注意を受けて、最悪の場合クビになる可能性もあります。お店にとっても悪い影響を与えるため、必ず控えましょう。

3.いちゃキャバで稼ぐためのコツ3選

トップレベルの女の子は、いずれも稼ぐための方法やコツを心得ています。いちゃキャバ未経験者や、現状よりも稼ぎたいと考えている方は、下記3つのコツをおさえておきましょう。

  • ・出勤日を固定にする
  • ・一人ひとりのお客さんを大事にする
  • ・会話のネタをある程度作っておく

最後に、上記のコツをそれぞれ詳しく解説します。

3-1.出勤日を固定にする

常連さんを増やして稼ぐためには、やみくもに出勤日数を増やすよりも、曜日や時間を固定するほうが大切です。いちゃキャバのお客さんは、それぞれ決まった曜日や時間帯に訪れる傾向があります。

出勤日を固定すれば「いつもいる子」のイメージを持たれやすく、お客さんの興味を惹くことが可能です。必然的に指名される確率が上がるため、効率的に稼ぐための土台を作ることができます。また、安定して出勤する女の子は、お店のスタッフにとっても好印象です。

いちゃキャバで働く女の子の中には、学生や会社勤めの方もたくさんいます。現状より出勤日数を増やすことが困難な場合、まずは出勤日を見直すことがおすすめです。

3-2.一人ひとりのお客さんを大事にする

自分の売上を伸ばすことより「お客さんが楽しめるように」を第一に考えることが、結果的に大きな収入に繋がります。具体的には、ドリンクバックを狙うより、お客さんのニーズを満たすことに力を注ぐということです。

お客さんの満足度が向上すれば、延長や長期的な指名に繋がります。容姿や言葉遣いを意識することはもちろん、お触りされたときは笑顔で一緒に楽しむくらいの気構えが大切です。

もし、苦手なタイプのお客さんでどうしても笑顔で接客できる自信がない場合は、お店のスタッフに相談して「NG客」に設定することもできます。なるべく前向きな気持ちで接客できるように、さまざまな工夫を凝らすことが大切です。

3-3.会話のネタをある程度作っておく

トークが苦手な女の子は、ある程度会話のネタを作っておくことも重要です。常連さんの場合は、会話の内容をメモしておけばネタには困ることはありません。

一方で、初めてのお客さんはスーツや洋服、アクセサリーなど、身に付けているものをネタにします。基本的なスタンスは、お客さんを褒めることです。

トーク例
  • ・「その〇〇、すごい素敵ですね!いつもどのお店で購入されているんですか?」
  • ・「〇〇さんって、いつもお洒落にしてて素敵だと思っていました。洋服にこだわりとかあるんですか?」

褒めると同時に質問を投げかけることでトークが長続きするだけでなく、お客さんは自分に興味を持ってくれていることを実感します。なお、トークのネタは政治や宗教など、個々の思想にかかわる内容は避けることが無難です。

また、お客さんの中には日頃の愚痴をこぼしたい方も少なからずいるため、ときには聞き役に徹することも大切となります。聞き役となるときは、個人的な意見を避けて相手の気持ちに寄り添うことが重要です。的確なタイミングで相づちを打つとともに、オウム返しで同調する姿勢を見せましょう。

まとめ

いちゃキャバで稼げない女の子は、出勤日数が少ない・お客さんのお触りを嫌がるなどの共通した傾向があります。容姿に気を遣わずお客さんを落胆させるケースや、トーク力がなく盛り上がりに欠けるケースも少なくありません。

いちゃキャバで稼ぐためには、出勤日を安定させて指名を増やすことが重要です。お客さんが楽しむことを第一に考えて、一人ひとり丁寧に接客しましょう。

また、効率的に稼ぐためには、お店選びも重要です。いちゃキャバ・セクキャバの求人情報を探す際は、体験入店した女の子の口コミが見られる「キャバイト」をおすすめします。

業界のホンネ
関東版
関西版
PAGE TOP