いちゃキャバはアフター可能?お店・嬢側のリスクと上手な断り方

ようこそゲストさん
キャバイト公式Twitter

いちゃキャバはアフター可能?お店・嬢側のリスクと上手な断り方

いちゃキャバは高収入を狙える人気の仕事であり、キャバクラと近い働き方が特徴です。「キャバクラに近いなら、いちゃキャバも男性客とアフターや同伴があるの?」と気になる人は多いでしょう。

いちゃキャバにおけるアフター・同伴の可否を知らないまま働くと、さまざまなリスクが生じる恐れがあります。いちゃキャバで働くのなら、アフターに誘われたときの対処法も知っておきましょう。

今回は、いちゃキャバでアフターは可能なのか説明したのち、アフターのリスクと上手な断り方を解説します。

1.いちゃキャバはアフター禁止!

まず結論を述べると、いちゃキャバではアフターや同伴は禁止されています。

アフター・同伴のシステムを簡単に説明すると、勤務時間外にお客さんとデートや食事に行くことを指します。同伴は出勤前、アフターは退勤後という違いがあるだけで、どちらもお客さんと良好な関係性を作って指名客を増やすことが目的です。アフター・同伴はキャバクラならではの営業方法であり、ノルマを設けているお店も存在します。

一方で、いちゃキャバは名前の通りいちゃいちゃできるキャバクラであり、キャバクラに近い営業形態が特徴となっています。しかし、厳密にはキャバクラと全く一緒の営業形態ではなく、アフター・同伴といった営業方法を取りません。安易にアフター・同伴などの店外デートを行うと、トラブルが起こる可能性が高くなるため、多くのお店では禁止しています。

2.アフターをすることによるいちゃキャバ嬢側のリスク

いちゃキャバを営業しているお店の多くがアフターを禁止している理由は、リスク回避のためです。では、いちゃキャバ嬢がお客さんとアフターをすると、具体的にどのようなリスクがあるのでしょうか。

ここからは、いちゃキャバ嬢自身のリスクや、他のいちゃキャバ嬢に及ぶリスクについて解説します。

2-1.お客さんから無理な要求を受ける可能性がある

アフターでは店側の目がないことをいいことに、デートの相手となるお客さんから無理な要求を受ける可能性があります。お客さんとアフターをする場所は店外であるため、アフターで問題が起こっても店舗スタッフによる助けは期待できません。

キャバクラは基本的に仕事中のタッチはNGですが、いちゃキャバはキャバクラよりも密着したスキンシップができるサービスです。そのため、お客さんはいちゃキャバ嬢とのアフターを「仕事中と同等・もしくはそれ以上のサービスをしてくれる」と勘違いする危険性もあります。

いちゃキャバ嬢の女の子がいくら気を付けても、アフターは大きな危険が伴う行為です。

2-2.身バレの可能性がある

アフターはお店の外でデートや食事をするため、店内で働くよりも身バレの可能性が高まります。「いちゃキャバで働いていることを周りに秘密にしたい」という場合は、身バレする可能性が高くなるアフターを行うべきではありません。

アフターによる身バレはいちゃキャバに限った話ではなく、キャバクラでも起こり得ます。しかし、キャバクラであれば知人に見られても問題ない人は少なくありません。一方、いちゃキャバ嬢としてアフターしている姿を知人に見られたくないという人は比較的多いでしょう。

いちゃキャバで働いていることを周囲に知られないためには、アフターをしないことが一番です。

2-3.ルールを守っている周りのいちゃキャバ嬢に迷惑をかける

いちゃキャバでアフターをすると、「アフターOKのお店」と思い込んでしまうお客さんは少なくありません。そのため、周りのいちゃキャバ嬢に対してもお客さんがアフターを要求する可能性があります。他のいちゃキャバ嬢がルールを守ってアフターを断るとお客さんが怒ったり、他の女の子とのトラブルに発展したりするケースも考えられます。

自分だけのリスクだと考えてアフターをOKすると、ルールを守っている周りのいちゃキャバ嬢に迷惑をかけるため、注意してください。いちゃキャバで安全に働くためには、アフター禁止のルールをしっかり守ることが大切です。

3.【例文】アフターに誘われた際の上手な断り方

いちゃキャバ嬢がアフター禁止のルールを守っていても、お客さんが会話の流れに乗ってアフターへ誘ってくることはあります。アフターに誘われた際の上手な断り方を、2つのケースに分けて見てみましょう。

〇お店のルールを理由にしたケース

お店のルールはいちゃキャバ嬢ではどうにもできないため、ルールを理由にすると男性側の感情を損ねず、穏便に断ることができます。断る際は、申し訳ない気持ちを態度と言葉に出しながら伝えましょう。以下のような断り方を試してみてください。

  • ・「ごめんなさい。お店でアフターは禁止と決められていて……」
  • ・「お誘いは嬉しいですけど、アフターすると他のキャストさんに迷惑がかかってしまうので……」
  • ・「お店のルールを破ると怒られてしまうので、ごめんなさい」

〇忙しさを理由にしたケース

忙しさを理由にした断り方もおすすめです。お客さんは好意を持った女の子とアフターで距離を縮めたいと考えているため、無理に誘って嫌われたくないと諦めてくれます。忙しさを理由にする場合は、具体的な内容を伝えることがポイントです。

  • ・「ごめんなさい。仕事終わりはすぐ帰って家事しないといけなくて……」
  • ・「夜勤の仕事と掛け持ちで時間が取れないんです。ごめんなさい」
  • ・「実家通いで親の目が厳しくて、仕事後はすぐ帰ることにしているんです」

3-1.しつこく誘われた際はすぐにスタッフに相談を

お客さんがしつこくアフターに誘ってくるときは、スタッフに相談しましょう。お店はお客さん側にもルールを設けているため、女の子に無理な要求をするお客さんにはしかるべき対処をしてくれます。

スタッフに伝えるタイミングは、お客さんが席を離れたときや、お酒を取りに行くときがおすすめです。スタッフが巡回している場合は、近くにいるスタッフへ声をかけましょう。

しつこく誘うお客さんに対しては、スタッフが口頭で注意したり、最悪の場合は出禁にしたりもしてくれます。スタッフはいちゃキャバ嬢を守ってくれるため、我慢せずすぐにスタッフに相談することが大切です。

4.安心して働くためには「体験入店」が肝心!

禁止行為とわかっていながらも、つい好みの女性をアフターに誘ってしまうお客さんは少なくありません。そもそもアフターに誘われないようにする方法はないに等しいものの、一緒に働くいちゃキャバ嬢の働き方や、お店の客層を調べることで、アフターをある程度避けることはできます。

そのため、いちゃキャバで安心して働きたい場合は、「体験入店」でお店の雰囲気をチェックすることが大切です。体験入店中にお店客層やスタッフの対応力を見ることで、安心して働けるお店かどうかがわかります。もしお客さんがアフター・同伴に誘ってきたら、他の女の子はアフターをしているのか聞いてみましょう。

体験入店先となるいちゃキャバ店を探したい場合は、いちゃキャバ・セクキャバ求人の「キャバイト」がおすすめです。キャバイトの求人には、大きく4つの魅力があります。

  • ・全国都市部の求人が豊富にある
  • ・エリアやこだわりの条件を絞って求人検索ができる
  • ・求人の給与や各種待遇が具体的に書かれている
  • ・1日だけの体験入店でも祝い金プレゼントがある

また、キャバイトの各店舗求人ページは、体験入店レポートを掲載していることが特徴です。レポートでお店の客層や雰囲気が簡単に掴めるため、体験入店先選びの参考になります。体験入店をしてみて、安心して働ける上に給与・待遇も満足できるお店であれば、本入店してみましょう。

いちゃキャバで働くことを検討している人は、体験入店先探しにぜひキャバイトを使ってみてください。

まとめ

いちゃキャバはキャバクラと違い、アフター・同伴を禁止しているお店がほとんどです。いちゃキャバ嬢がアフターをすると、身バレしたり周囲に迷惑をかけたりするリスクがあります。

そのため、お客さんにアフターを誘われても受けないようにしましょう。お店のルールや忙しさを理由にすると上手に断れます。しつこく誘われる場合はお店のスタッフに相談してください。

いちゃキャバで安心して働くためには、体験入店でお店の客層や雰囲気をチェックすることが大切です。いちゃキャバの求人情報が豊富にあるキャバイトは、体験入店の祝い金もあるため、効率的に体験入店先を探せます。

業界のホンネ
関東版
関西版
PAGE TOP