セクキャバはお酒が飲めなくても稼げる?対処法や稼ぐコツも

ようこそゲストさん
キャバイト公式Twitter

セクキャバはお酒が飲めなくても稼げる?対処法や稼ぐコツも

セクキャバの仕事を検討している女性の中には、お酒が飲めないために応募をためらっている人もいるでしょう。ナイトワークの特性上、お客さんとお酒を交わす場面があることは事実です。

しかし、セクキャバは必ずしもお酒を飲めなければならないといった決まりはありません。

当記事では、セクキャバはお酒が飲めなくても稼げる仕事なのかについて解説します。お酒を勧められたときの対処法も紹介するため、ぜひ参考にしてください。

1.セクキャバはお酒が飲めなくても働ける?

結論を先に述べると、セクキャバはお酒が飲めなくても働くことが可能です。セクキャバを利用するお客さんは、お酒以外の目当てがあります。したがって、お酒が飲めない女性でも諦める必要は一切ありません。

ここでは、お客さんの目当てと詳しい理由について解説します。

1-1.お客さんはお酒よりも触れ合いを目当てに来店する

キャバクラやスナックのお客さんは、女性とお酒を交わすや会話を目当てに来店します。一方で、セクキャバのお客さんは、女性との触れ合いを目当てに来店することが大きな特徴です。恋人のようにディープキスをしたり、胸に触れたりといったことが楽しみであり、お酒や会話の優先度は低めとなります。

なお、セクキャバではお酒をほとんど飲まない、もしくは飲めないお客さんも珍しくありません。

また、現役セクキャバ嬢の中には、お酒が苦手という理由でセクキャバを選ぶ人も一定数います。

1-2.セクキャバは基本的に指名料がお店の売上となる

セクキャバは指名料がお店の売上に大きく影響します。よって、セクキャバ嬢は指名料で稼ぐという考え方を持つことが基本です。

セクキャバは、キャバクラのようにお客さんにドリンクを勧めたり、自分も必死にお酒を飲んだりする必要はありません。お客さんのセット料金にセクキャバ嬢のドリンク代が含まれるケースも多く、気負わずに働くことができます。

なお、ドリンクバックがあるセクキャバもありますが、ソフトドリンクでも恩恵を受けられるため、一概にデメリットとはいえません。

売上システムとは別に、セクキャバならではの時給設定があることも、お酒が飲めない女性にとって強い味方です。キャバクラの時給は、同じ時給制のキャバクラよりも高い傾向にあります。

また、基本的に待機カットもないため、入店したてで指名が少ないときでも一定の給料を確保することが可能です。

2.お客さんにお酒を勧められたときの対処法

セクキャバ嬢に、お酒を勧めてくるお客さんがいないわけではありません。もし、お酒を勧められたときにストレートに断ってしまった場合、お客さんの気分を盛り下げる可能性があります。

相手が悪質なお客さんの場合は不快な言葉を浴びせられる恐れがあるため、お酒を回避する術や適切な断り方を知っておくことが大切です。

ここでは、お客さんにお酒を勧められたときの具体的な対処法を3つ紹介します。

2-1.フェイクドリンクを用意してもらう

フェイクドリンクを用意してもらう方法は、水商売やナイトワークで定番の対処法です。例えば、ウーロン茶はウーロンハイ、緑茶を薄めたドリンクは緑茶ハイだと偽って飲みます。

ドリンクの注文方法はお店によってさまざまです。紙を使用して注文するお店はドリンク名の横に目印を付けるなど、お店による独自のルールにしたがいます。

フェイクドリンクを飲む場合は、酔った振りをすることがポイントです。セクキャバ嬢のテンションに変化がなければ、お客さんは怪しいと感じてしまうでしょう。日頃よりお酒が飲める仲間を観察して、酔ったときの様子を再現してみることをおすすめします。

2-2.体調不良であることを伝える

お酒を勧められたら、体調不良を理由に丁重に断りましょう。一般常識があるお客さんであれば、素直に諦めてくれるはずです。薬を服用していると伝えた場合、お客さんによっては心配してくれることもあります。

体調不良を理由にするときは、場の雰囲気が重くならないように、頭痛やお腹痛と偽ることが妥当です。風邪と伝えてしまうと、お客さんが「うつされてしまう」と不安になるため注意しましょう。

なお、同じお客さんに何度も体調不良は通用しないため、他の方法を併用することがポイントです。

2-3.話題を逸らして本来のサービスを提供する

お酒を勧められたら、即座に話題を逸らしてしまうことも一つの方法です。お客さんは、あくまでセクキャバ嬢との触れ合いを目当てに来店しています。本来のサービスを提供すれば、お客さんはセクキャバ嬢との触れ合いに夢中になり、お酒を勧めていたことを忘れるでしょう。

席に着いたばかりでサービスに移行することが不自然な場合は、お酒のお勧め返しが有効です。素早くメニューを差し出して、ドリンクを一緒に選んであげることがポイントとなります。

3.お酒が飲めないセクキャバ嬢が稼ぐコツ

セクキャバは、お酒が飲めなくても働くことができます。しかし、せっかく働くならば高収入を得たいと考えることは当然の心理です。

お酒が飲めないセクキャバ嬢が稼ぐためには、次のコツを押さえることが欠かせません。

  • ・指名を獲得する
  • ・協力的なボーイがいるお店で働く

ここでは、それぞれについて詳しく解説します。

3-1.指名を獲得する

前述したように、セクキャバは指名料でお店の売上を上げるシステムのため、指名客の数に比例して給料が増えます。つまり、稼ぎを増やすためには指名の獲得が不可欠です。

美人な女性は指名を獲得しやすいとされますが、容姿だけでお客さんを独占できるほど甘い業界ではありません。丁寧な接客を心がけるとともに、お客さんを常によろこばせる工夫が必要です。

日頃よりさまざまな分野の情報を集めて、トークを盛り上げましょう。また、エッチな下着でお客さんを刺激することも効果的です。

営業メールも指名獲得に効果があるものの、業務的な内容では嫌われてしまいます。男性心理を意識して、また会いたいと思わせる内容を考えましょう。

3-2.協力的なボーイがいるお店で働く

セクキャバは、基本的にフェイクドリンクを作ってもらえます。しかし、お店の雰囲気やボーイの質によっては、フェイクドリンクに対して非協力的なお店も少なからずあります。

お酒が飲めない女性がセクキャバで稼ぐためには、ボーイを含めた店側の協力が必要です。面接時はスタッフにフェイクドリンクの対応可否を確かめるとともに、自分がどの程度お酒が飲めないのかを伝えておきましょう。

一口程度は飲めるのか、まったく飲めないのかなどを伝えておけば、入店後の不要なトラブルがありません。

4.お酒が飲めなくても働けるお店を探すなら?

お酒が飲めなくても働けるお店に移る際には、「キャバイト」の活用がおすすめです。キャバイトは高待遇のセクキャバ求人を豊富に掲載しています。また、求人はお店を取材した上で掲載しているため、ウソやでたらめな情報は一切ありません。業界初心者でも安心して応募できます。

また、キャバイトはお店の口コミを閲覧できるため、自分に合った働き方ができるお店をスムーズに見つけることが可能です。気になる条件のお店を見つけたら、一度体験入店してみることをおすすめします。

お店の雰囲気や衣装、ボーイの対応などを事前に知っておくことは非常に大切です。キャバイトで希望エリアの求人を早速探してみましょう。

まとめ

セクキャバに来店するお客さんは、女の子との触れ合いを目的としているため、お酒が飲めない女性でも働けます。

ただし、お客さんの中にはお酒を勧めてくる人もいます。もし、お酒を勧められたら、お客さんの気分を損ねないようにフェイクドリンクで乾杯しましょう。体調不良であることを伝えたり、話題を逸らしたりすることもおすすめの方法です。

お酒が飲めないセクキャバ嬢が稼ぐためには「指名を増やすこと」「協力的なボーイがいるお店で働くこと」が欠かせません。自分の働き方に合ったお店を探す際は、豊富な求人数を誇るキャバイトをぜひ利用ください。

業界のホンネ
関東版
関西版
PAGE TOP