いちゃキャバに実技講習はある?ない?面接から体験入店までの流れも

ようこそゲストさん
キャバイト公式Twitter

いちゃキャバに実技講習はある?ない?面接から体験入店までの流れも

風俗の仕事やナイトワークが初めての人にとって、いちゃキャバの講習は想像しづらいものです。風俗の情報サイトや掲示板では、「風俗店の実技講習はセクハラされる」という噂もあるため、不安に感じている人も多いでしょう。

そこで今回は、いちゃキャバの実技講習の有無と面接・講習の流れ、セクハラ講習の対策法・対処法を解説します。セクハラ講習のない安全ないちゃキャバで働くための方法も紹介しているため、ぜひチェックしてください。

1.いちゃキャバに実技講習はない

まず結論として、いちゃキャバに実技講習はありません。

いちゃキャバの主なサービス内容は、お客さんとおしゃべりをしたり、ボディタッチをされたりしてイチャイチャすることです。ヘルスならではのプレイや、ソープランドのマットプレイのように、特別なスキルやテクニックが必要ないことから、実技講習を実施する必要もありません。

ただし、実技講習を受けずにサービスを始めると、どのような流れで接客を行うのか、お客さんがどのような接し方を望んでいるのかなどが理解できにくいという難点もあります。お客さんの要望を理解できなければ、お客さんが喜ぶ接客ができず、指名やリピーターの獲得もしにくくなってしまうでしょう。

高収入を得る人気いちゃキャバ嬢となるためには、実際に接客を繰り返しながら、先輩の接客から学んだり男性スタッフにアドバイスを受けたりして、コツを習得する必要があります。

2.そもそも実技講習とは?

実技講習とは、風俗業界における新人研修の一種です。実技講習のほかに、口頭講習やDVD講習などがあり、業種やランクなどによって講習内容が異なります。

下記は、それぞれの講習について概要を解説した表です。

実技講習 実際に男性スタッフや女性講師とプレイをし、体験することで接客技術やプレイの流れ・テクニックを学ぶ
口頭講習 マニュアルなどを参照し、接客やプレイの流れについて口頭で教えてもらう
DVD講習 DVDを参照し、接客やプレイの流れを学ぶ

高級デリヘルやソープランドなど、プレイのテクニックが重要視される風俗店では、実技講習が必須とされているケースもあります。

いちゃキャバの場合は、「いちゃキャバは厳密には風俗店ではないこと」「特別なスキルやテクニックが必要ないこと」から、口頭での講習が一般的です。なお、他のいちゃキャバ店で働いた経験がある場合は、講習が省略される場合もあります。

2-1.セクハラまがいの実技講習に要注意

セクハラまがいの実技講習は、風俗店だけのリスクではありません。一般的に実技講習のないいちゃキャバ店でも、一部の悪質ないちゃキャバ店ではセクハラまがいの実技講習をしている可能性もあります。

たとえば、下記のような実技講習はセクハラ講習だと言えるでしょう。

〇不必要なボディタッチ

未経験を理由に実技講習を強要され、男性スタッフに胸を触られたりキスをされたりするケースがあります。いちゃキャバは風俗店ではないため、未経験者であっても実技講習の必要はありません。

〇服を脱がされる

ソープランドなど、プレイにおいて必ず服を脱がなければならないお店の場合は、男性スタッフが採用前にボディチェックをすることがほとんどです。しかし、一部の肌しか露出しないいちゃキャバはボディチェックをする必要性がほとんどないため、服を脱ぐことを強要する行為はセクハラにあたります。

3.【いちゃキャバ】面接から講習・体験入店までの流れ

次に、いちゃキャバの面接から講習・体験入店までの流れについて、表で簡単に解説します。実際に面接を受け、いざ講習・体験入店が始まったときに慌ててしまわないよう、ぜひチェックしておきましょう。

(1)面接 写真付きの身分証明書で年齢確認をし、一般的なアルバイトと同様の面接をします。なお、いちゃキャバの面接では、面接当日に履歴書のような「面接シート」を記入するため、履歴書は必要ありません。
(2)合否発表 面接の結果は、面接後すぐにわかります。採用の場合は、すぐに講習・体験入店の説明となりますが、不採用の場合は「後日連絡します」と言われ面接は終了し、講習・体験入店はありません。
(3)講習 講習では、男性スタッフから口頭で接客の流れやいちゃキャバ店のルールを教わります。不安がある場合は、講習の時点で男性スタッフに確認をしておきましょう。
(4)体験入店 講習後は、体験入店となります。原則として、講習と体験入店はセットです。面接後に体験入店できない場合は、講習と体験入店をまとめて別の日にやります。

4.いちゃキャバにおけるセクハラ講習の対策法・対処法

悪質なセクハラ講習に対して、あらかじめ対策法・対処法を理解しておくことで、セクハラ講習を行う悪質ないちゃキャバ店を回避したり、自分の身を守ったりできます。

ここからは、セクハラ講習をする悪質ないちゃキャバ店への対策法と、万が一セクハラ講習を受けてしまったときの対処法について解説します。

4-1.対策法:応募時点で「実技講習などはありますか?」と聞いておく

いちゃキャバの面接を受けるときは、あらかじめ不安なことや確認したいことをリストアップしておき、面接で男性スタッフに質問しましょう。

質問をするときは、給料システムや各種バック率、ノルマ・ペナルティ・罰金制度など、いちゃキャバ店のルールだけではなく、講習についても確認をしておくと安心です。面接でさまざまな質問をすることは、悪いことではありません。事前に実技講習の有無や講習内容を聞いたり、「実技講習はしたくないです」と釘を刺したりしておくことで、セクハラ講習を回避できます。

万が一男性スタッフに嫌な顔をされた場合は、セクハラ講習などいちゃキャバ嬢に不利な隠しごとをしている可能性があるため、注意が必要です。

4-2.対処法:その日のうちに辞める

万が一セクハラ講習をしているいちゃキャバ店に入店してしまった場合は、その日のうちに辞めましょう。セクハラ講習をしている悪質ないちゃキャバ店は、講習以外にも違法行為や他のハラスメント行為をしている可能性があります。

ハラスメント行為が横行している環境では、働いているうちに精神的に疲れ、心を病んでしまう人も少なくありません。さらに、いちゃキャバ店は自由シフト制が基本であるため、「働きに行きたくない」と思ったときはシフトをなかなか入れられず、結局稼げないということも考えられます。

セクハラが起きるいちゃキャバ店で、我慢して働くメリットはありません。悪質な店舗は健全な運営を長く続けることもできないため、その日にきっぱりと辞めましょう。

5.悪質な店舗は一部のみ!安心していちゃキャバの面接を受けよう

セクハラ講習をする悪質ないちゃキャバ店は、ごく一部です。セクハラ講習を続けているようないちゃキャバ店は、すぐにいちゃキャバ嬢からの口コミが寄せられ、評判が悪くなります。悪い噂がネット上で流れると、人気いちゃキャバ嬢が安全ないちゃキャバ店に移転したり、新人が入らなくなったりするため、最終的に閉業に追い込まれることが多数です。

そのため、長く運営している老舗のいちゃキャバ店をはじめ、ある程度の期間運営しているほとんどのいちゃキャバ店では、セクハラ講習はしていないと言えます。

また、安全かつ稼げるちゃキャバ店で働きたいときは、セクキャバ・いちゃキャバの求人情報に特化したサイト「キャバイト」をチェックしてください。

キャバイトでは、実際に体験入店に言った人からの「体験入店レポート」も寄せられるため、セクハラ講習をするような悪質ないちゃキャバ店は掲載されません。初めていちゃキャバで働くという人は、キャバイトの体験入店レポートから評判の良いお店を見つけて応募してみてはいかがでしょうか。

まとめ

一般的にいちゃキャバには、実技講習がありません。そのため、いわゆる「セクハラ講習」はほとんどなく、接客やプレイの流れを学ぶための口頭講習がほとんどです。

しかし、中には不要なボディタッチなどのセクハラ講習をしている悪質ないちゃキャバ店もあります。悪質ないちゃキャバ店を避けるための対策法や、セクハラ講習をされたときの対処法などを覚えておきましょう。

安全ないちゃキャバ店で働きたいときは、セクキャバ・いちゃキャバなどの求人情報に特化したサイト「キャバイト」がおすすめです。ここまでの内容を参考に、安心・安全に働きたい人はぜひキャバイトをご利用ください。

業界のホンネ
関東版
関西版
PAGE TOP