おっパブに向いている女の子の特徴は?仕事内容・給与相場も

ようこそゲストさん
キャバイト公式Twitter

おっパブに向いている女の子の特徴は?仕事内容・給与相場も

おっパブは高時給でありながら身体への負担が少ないため、ナイトワーク初心者の人にもおすすめできるバイトです。しかし、女の子はおっパブを利用する機会がないため、おっパブでの仕事内容が気になる人も多いのではないでしょうか。

当記事では、おっパブの仕事内容や、おっパブで働くことに向いている女の子・向いていない女の子の特徴について紹介しています。また、おっパブの給与相場についても解説しているため、おっパブのバイトに興味のある人はぜひ参考にしてください。

1.おっパブの仕事内容とは?他ナイトワークとの違いも

おっパブとは「おっぱいパブ」の略称で、「セクシーキャバクラ(セクキャバ)」や「セクシーパブ(セクパブ)」「ツーショットキャバクラ」とも呼ばれます。

おっパブの仕事内容は、男性の隣でお酒を作り会話を楽しむことに加えて、下記のサービスを提供します。

  • ・胸を含む上半身へのボディタッチ
  • ・胸を揉まれる、舐められる
  • ・キス(ディープキス)をする

おっパブは時間制で、1セットは40~50分程度です。多くのお店では、1セットの中で1人の男性に対し、2~3人の女の子が入れ替わりながら接待します。

おっパブのシステムには、「オールダウンタイム制」と「ダウンタイム制」があります。オールダウンタイム制は、時間内はいつでも女の子へのおさわりが可能です。ダウンタイム制は、お客さんとキスやボディタッチを行う時間として、10分程度のダウンタイム(ハッスルタイム・ショータイム)が設けられています。

下記は、他のナイトワークとの違いについてまとめた表です。

おっパブ キャバクラ 風俗
お酒 ×
キス ×
ボディタッチ ×
抜き × ×

おっパブは性風俗店ではないため、下半身に触れる行為は禁止となっています。また、おっパブはお店によるコンセプトの違いが大きく、学園系やランジェリー系など、衣装やサービス内容もさまざまです。

2.おっパブで働くことが向いている女の子の特徴3つ

おっパブは身体的な負担が軽く、厳しいノルマも課せられないため、ナイトワークの中でも精神的ストレスが少ないというメリットがあります。

しかし、おっパブに興味があっても、自分に務まるか不安な人も多いのではないでしょうか。ナイトワークを始めるにあたり、スタイルやルックスを気にする人は多いですが、おっパブではサービス精神豊富な女の子が重宝される傾向にあります。

以下では、おっパブで働くことが向いている女の子のタイプについて詳しく解説します。

2-1.男性と話すことが好きな女の子

おっパブは上半身へのおさわりがメインですが、男性と楽しく会話することも大切です。特に、おっパブでは胸へのボディタッチやディープキスを行うことから、エッチな会話やセクシートークを楽しくできる女の子であれば歓迎される傾向にあります

おっパブでは、会話と同時にボディタッチやキスも行うため、高いトークスキルが必要になることはありません。会話に自信のない女の子は、お客さんのことを褒めたり、少しオーバーにリアクションをしてみたりするとよいでしょう。

おっパブでは、明るくてノリがよい女の子はもちろん、聞き上手な女の子も喜ばれます。おっパブは、楽しい雰囲気で男性と会話を楽しめることがポイントです。

2-2.キスが得意な女の子

おっパブではフレンチキスだけでなく、ディープキスも行います。キスのテクニックがある人や、キスに抵抗がない人は、おっパブに向いているといえるでしょう。

おっパブに来る男性はエッチな雰囲気を楽しみたいため、積極的にキスをしてくれる女の子は喜ばれます。仕事であるからと事務的に行うのではなく、雰囲気のあるキスをすることがポイントです。

おっパブで働くことを考えている人は、唇を噛む・甘噛みをする他、舌使いなど、キスに関する知識を習得しておくと役立ちます。キスにおける視線の絡ませ方や、表情なども演出できると効果的です。

2-3.体のパーツ(特におっぱい)に自信のある女の子

おっパブでは上半身へのおさわりが可能であるため、女の子は接客中に上半身裸(トップレス)となることも少なくありません。そのため、唇・腰・鎖骨など、ひとつでも体のパーツに自信がある人は、おっパブで働きやすいでしょう

特に、おっパブは胸へのボディタッチがメインサービスであることから、おっぱいが好きな男性が多く訪れます。胸が大きい・胸の形がきれいなど、胸に関して自信のある女の子は、抵抗なくおっパブで働くことができるでしょう。

男性の好みは人それぞれ異なるため、自分の体型や胸に自信がない人でも、笑顔を忘れず前向きな気持ちで接客することが大切です。

3.おっパブで働くことが向いていない女の子の特徴2つ

基本的には、男性とのコミュニケーションが好きな女の子であれば、おっパブでも抵抗なく働くことができるでしょう。しかし、おっパブはおさわりが可能なため、仕事内容を負担に感じる女の子もいます。

また、おっパブはお店によりルールや禁止事項も異なるため、自分が働きやすいお店を選ぶことも大切です。

以下では、おっパブで働くことが向いていない女の子のタイプについて解説します。

3-1.知らない男性とスキンシップを取ることに抵抗がある女の子

おっパブでは、初対面の男性に対してキスをしたり、胸を揉まれたりします。知らない男性に触られることに抵抗がある人は、おっパブに向いていないといえるでしょう。

おっパブにはさまざまな男性が訪れるため、生理的に受け付けない男性や、苦手なタイプの男性にもサービスを行う必要があります。仕事と割り切って明るく接客できる女の子であれば働けますが、どうしても抵抗がある人にはおっパブの仕事はおすすめできません。

おっパブでは1日の中で何十人もの男性を相手にすることもあるため、初対面の男性とスキンシップが取れない人にはストレスとなってしまう可能性があります。自分の許容範囲がわからない人は、体験入店で確かめてみるとよいでしょう。

3-2.お酒の臭いが苦手な女の子

おっパブを利用する男性の多くは、お酒を飲んだ後に来店します。また、お店の中でもお酒を提供するため、キスの最中にお酒の臭いを感じることもあるでしょう。そのため、キスに集中できなければ、おっパブに来店した男性を楽しませることが難しくなります

たとえキスをしなくても、おっパブでは男性の横に座ったり、対面座位の体勢をとったりするため、どうしても息の臭いを感じてしまうシーンがあります。そのため、お酒の臭いが苦手な人は、おっパブで働くことは向いていないといえます。

お酒と同様に、男性がおつまみで食べた物の臭いや、タバコの臭いを感じることもあります。臭いに敏感な人は、おっパブで働きにくいでしょう。

4.おっパブの給与相場|より稼ぐためのコツは?

おっパブは時給制であるケースが多く、平均時給は3,000~3,500円前後です。ただし、都内と地方では給与が異なります。

都内と地方におけるおっパブの給与相場は、下記のとおりです。

〇都内

平均時給 平均日給(4h) 平均月給(4h×週3)
3,000~5,000円 12,000~20,000円 144,000~240,000円

〇地方

平均時給 平均日給(4h) 平均月給(4h×週3)
2,500~4,000円 10,000~16,000円 120,000~192,000円

上記に加え、本指名や場内指名バック・ドリンクバック・同伴出勤などで給与が上乗せされることもあります。都内であれば月給30万円以上となることもあり、高収入が期待できます。

おっパブで稼ぐためには、お客さんから「指名をもらう」「延長してもらう」ことが重要となります。

お客さんから気に入ってもらうためには、メイクなどでルックスを磨くことに加え、「聞き上手になる」「メールをこまめに返信する」などの営業努力を行うことが大切です。また、おっパブでお客さんの心を掴むためには、会話とボディタッチのときで反応を変え、ギャップを上手に使うことも効果的です。

まとめ

おっパブは、お客さんにお酒を作り会話をすることに加え、胸を含む上半身へのボディタッチやキスのサービスが仕事内容に含まれます。

「男性と話すことが好き」「キスが得意」「体のパーツに自信がある」女の子は、おっパブで働くことに向いているといえます。一方で、初対面の男性とスキンシップを取ることが苦手で、お酒の臭いが苦手な女の子は、おっパブで働くことは難しいでしょう。

おっパブの平均時給は3,000~3,500円が相場で、都内であれば月給30万円以上を稼ぐことも可能です。

おっパブのバイトを探したい人には、おっパブに特化した求人サイトである「キャバイト」の利用がおすすめです。キャバイトではこだわり条件からお店を検索できるほか、サポ―ト体制が整っており、自分に合ったお店をスムーズに見つけ、応募することができます。

業界のホンネ
関東版
関西版
PAGE TOP