セクキャバは学生でも働ける?リスクや押さえるべきポイントも

ようこそゲストさん
キャバイト公式Twitter

セクキャバは学生でも働ける?リスクや押さえるべきポイントも

学生は、学業や遊びで忙しいため、短時間で稼げる高収入アルバイトである「セクキャバ」に興味を持つ人は珍しくありません。しかし、セクキャバは一般的な接客業のアルバイトとは違い、体験者の口コミや情報が少なく、「学生でも働けるのか」と不安に感じる人もいるでしょう。

そこで今回は、セクキャバで働ける人の条件、学生が働く場合に発生するリスクとその対策について徹底解説します。安全にセクキャバで働きたい学生は、ぜひチェックしてください。

1.セクキャバは学生でも働ける?

まずは、学生でもセクキャバ(セクシーキャバクラ)で働けるのかどうかについて、解説します。

セクキャバは、一般的な接客業アルバイトとは異なり、酒類を提供したり胸などをボディタッチされたりすることがあります。お店によっては、女の子がトップレスになることもあるセクキャバで、学生は働けるのでしょうか。

1-1.18歳以上の大学生であれば働ける

結論からいうと、18歳以上の大学生・専門学校生であれば、働くことが可能です。

実際に、学費・生活費を稼ぐためや、短時間で効率よく稼ぐために、セクキャバで働いている女子学生は数多くいます。「現役女子大生セクキャバ嬢」は人気が出やすく、大きなセールスポイントとなるため、「学生歓迎」としているお店も少なくありません。

高収入ワークには、デリヘル(デリバリーヘルス)・ソープランドなどの風俗店やキャバクラ、アダルト動画への出演(AV女優)など、さまざまな選択肢があります。しかしセクキャバには、他の高収入ワークにはないメリットがあるため、セクキャバで働く女子学生が増加しています。

1-2.18歳以上でも高校生は働けない

セクキャバで働ける人材は「日本在住の18歳以上の女の子」です。

ちなみに、風営法(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律)では、「18歳未満」の人にナイトワークをさせることを禁じています。そのため、「18歳以上の高校生は働けるのでは?」と疑問に思う人もいるでしょう。

18歳以上であっても、高校生はセクキャバで働けません。なぜなら、ナイトワークや風俗の業界では、「高校生を働かせることは道義上問題」だとされているためです。

なお、セクキャバの面接を受けるときには、顔写真付きの身分証明証を提示する必要があるため、嘘をつく行為はやめましょう。

2.学生がセクキャバで働くリスク2つ

ここからは、学生がセクキャバで働くリスクについて解説します。

セクキャバは短時間で高収入が稼げる仕事です。しかし、周囲の人の理解を得づらい仕事のため、働いていることがバレると、さまざまなデメリットが生じます。

セクキャバで安全に働くためには、メリットだけではなく、デメリットについても正しく理解することが大切です。

2-1.親や恋人・知人にバレる可能性がある

コンビニやカフェでのアルバイトとは違い、セクキャバの仕事に好印象を抱く人は多くありません。セクキャバで働いていることを親や恋人にオープンにしていない場合、バレてしまうと怒られ、仕事を辞めなくてはならないケースもあります。

また、18歳以上の学生であればセクキャバに遊びに行けるため、クラスメイトや学校関係者、親族がお店に来店する可能性もゼロではありません。お店で知人と鉢合わせた場合、相手によっては学校に噂を流されるリスクもあるでしょう。

2-2.学校にバレた場合は退学処分となるケースがある

「成績が悪くなった」「高級ブランドバックが増えた」などの理由で、知人が高収入ワークをはじめたことに気が付く人は珍しくありません。噂や目撃情報などから、セクキャバで働いていることが学校にバレてしまうケースもあります。

18歳以上の学生がセクキャバで働くことは違法行為ではありません。しかし、最悪の場合、退学処分を下されるケースもあります。

3.学生がセクキャバで働く際のポイント3つ

学生が安全にセクキャバで働くためには、身バレ対策をしましょう。身バレを防ぐためには、下記に挙げる3つのポイントを押さえることが重要です。

  • ・計画的にお金を使う
  • ・普段から自分のことを源氏名で呼ばない
  • ・生活圏外のお店で働く

ここからは、それぞれのポイントについて細かく解説します。

3-1.計画的にお金を使う

金銭感覚の急激な変化は、最も身バレをする原因です。セクキャバで稼げるようになっても、計画的にお金を使うようにしましょう。

セクキャバの仕事は、一般的な接客業のアルバイトよりも短時間で高額の給料を稼ぐことが可能です。そのため、金銭感覚がマヒし、高級な洋服・ブランドバッグなどを購入してしまったり、頻繁に海外旅行に行ったりしてしまう人もいます。

一度変わってしまった金銭感覚を戻す労力は大変です。セクキャバで稼いでいても学生らしい金銭感覚を持ち続けていれば、社会人となっても周囲との金銭感覚のズレに苦しむことはないでしょう。

3-2.普段から自分のことを源氏名で呼ばない

セクキャバにも「職業病」があります。ウイスキーの水割りを作り慣れていたり、煙草を出した男性にライターを差しだしたりする作法は水商売特有なため、他人に見られると疑われてしまう可能性があるでしょう。

とくに源氏名には注意が必要です。セクキャバでは、一人称を源氏名にしている人もいますが、身バレを防ぐためには、一人称を源氏名にすることはおすすめできません。日常生活の中で注意を怠り、源氏名を名乗ってしまうと、すぐに水商売をしていることがバレてしまいます。

そのため、普段から一人称は「私」とし、自分のことを源氏名で呼ばないようにしましょう。

3-3.生活圏外のお店で働く

お店が地元や学校、頻繁に行く繁華街の近くにある場合、恋人・知人が来店する可能性があります。また、営業中だけではなく、街中で出勤姿や同伴・アフターしている姿を観られる可能性も少なくありません。そのため、働くセクキャバは生活圏外のお店を選ぶことがおすすめです。

生活圏外のお店で働くと、「終電までに帰宅できるのか」と不安に思う人もいるでしょう。セクキャバの中には、営業時間中であっても終電に間に合うように帰ってよいお店や、男性スタッフに送迎してもらえるお店もあるため、安心してください。

4.学生が安全に働けるセクキャバ求人を探すなら「キャバイト」

学生が安全に働けるセクキャバを探したいときは、セクキャバに特化した求人サイト「キャバイト」がおすすめです。最後は、キャバイトをおすすめする理由について解説します。

●情報量が豊富な求人ページ

キャバイトの求人ページは、キャバイトスタッフが実際に取材をした内容を掲載しているため、嘘の情報はありません。また、店の勤務時間や待遇などの基本情報だけではなく、実際に体験入店を経験した人の体験談やPR動画など、さまざまな情報が掲載されています。

●充実のこだわり検索

キャバイトでは、自分に合うセクキャバを探すことが可能です。働くエリアだけではなく、着用する衣装やノルマの有無、送迎の有無など、お店の特徴を絞って検索できます。

●体験入店するともらえる祝い金

キャバイトを通して体験入店をすると、最大7,000円の祝い金を受け取ることが可能です。さらに、祝い金を受け取れる回数は1回限りではなく、前回の体験入店日の翌日より30日以上経過した場合は2回目以降でも受け取れます。

セクキャバの求人を探すときには、ぜひキャバイトをご活用ください。

まとめ

セクキャバは18歳以上の大学生・専門学校生であれば働けます。

短期間で高収入を得られるセクキャバですが、メリットばかりではありません。学生がセクキャバで働くと、身バレによってセクキャバの仕事を辞めさせられたり、学校を退学処分となったりするリスクもあります。

身バレを防ぐためには、学生らしい金銭感覚を持ち続けたり、働くセクキャバのエリア選びに注意したりしましょう。

学生が安全に働けるセクキャバを探す際は、ぜひ「キャバイト」をチェックしてください。

業界のホンネ
関東版
関西版
PAGE TOP