ホテヘル・デリヘルがきつい理由とは|対応策も紹介

ようこそゲストさん
キャバイト公式Twitter

ホテヘル・デリヘルがきつい理由とは|対応策も紹介

ホテヘルやデリヘルは、風俗の中でもお客様が多い人気の業種です。また、働く女性側にとっても、ホテヘル・デリヘルは高収入を得やすい仕事のひとつといえます。しかし、ホテヘル・デリヘルの仕事は、フェラや手コキ、素股などの性的サービスが中心です。ホテヘル・デリヘルに勤務する女性の中には、肉体的・精神的に「きつい」と感じる人もいます。

そこで当記事では、ホテヘル・デリヘルの仕事が「きつい」といわれる理由と、対応策を紹介します。風俗とは違う仕事で効率的にお金を稼ぐ方法も解説しているため、ホテヘル・デリヘルがきついと感じている人は、ぜひ参考にしてください。

1.ホテヘル・デリヘルがきつい5つの理由

ホテヘル・デリヘルの仕事をしていて、高収入を得られることを魅力的に思っていても、きついと感じる人はいます。ホテヘル・デリヘルは、ヘルスサービスの一種となるため、風俗の中でもハードな側面がある仕事です。

ここでは、ホテヘル・デリヘルで働いていて「きつい」と感じる理由を5つ紹介します。

1-1.不潔なお客様がいてきつい

風俗店はさまざまなお客様が利用します。中には、女性と接するとわかったうえで、身だしなみを整えて来店する清潔感のある男性もいますが、すべてのお客様がそうとは限りません。

ホテヘル・デリヘルの場合、歯磨きをしていなかったり、お風呂に入っていなかったりするなど、不潔な状態で女性にサービスさせることに興奮するお客様もいます。お店によってはオプションで即即プレイを用意しているため、衛生面が気になることもあるでしょう。

ホテヘル・デリヘルではどうしても苦手なお客様を接客NGにすることもできますが、あまりNGが多いと接客できるお客様の人数が減ってしまいます。できるだけ多くのお客さんとプレイして収入を得るために、見た目の不潔感や気持ち悪さを我慢して働く人は少なくありません。

1-2.遅漏のお客様の対応がきつい

風俗の仕事は、お客様を射精させて満足してもらうことが基本です。しかし、遅漏のお客様を射精に導くことには時間がかかります。どれだけテクニックを駆使してサービスしても射精してくれない遅漏のお客様を接客したときに「きつい」と感じる人は少なくありません。

「遅漏=持ちがよくて女の子が喜ぶ」と考えているお客様が多く、「すぐに射精したくない」お客様と「すぐに射精してほしい」と思う風俗嬢で考え方が真逆となっている点も、仕事のきつさを生む一因です。ときには、射精しないままプレイ終了時間を迎えるケースもあり、お客様をイカせられなかったことにストレスを感じる人もいるでしょう。

1-3.本番を要求されてきつい

ホテヘル・デリヘルなどの風俗で本番行為はNGです。しかし、お客様の中には本番行為を要求してくる人がいます。軽くかわしてすんなり諦めてくれる人もいますが、しつこくセックスを求め、本番行為を断ることで不機嫌になるお客様もいます。

ホテヘル・デリヘルで働き続けるためには、しつこい本番要求をうまく断り続ける必要があります。業務外の本番強要を何度も断ることに「きつい」と感じる人もいるでしょう。

1-4.性病のリスクがあってきつい

風俗は不特定多数の人と接触する環境のため、性病にかかるリスクは少なからず存在します。風俗店においても風俗嬢が性病にかからないよう対策を講じていますが、自分自身でも性病を移されないよう注意する必要があります。ホテヘル・デリヘルでなりやすい主な性病は、下記のとおりです。

クラミジア おりものが増えて性交痛が生じる場合がある
ヘルペス 口や性器の周りにイボのようなものができる
淋病 男性の場合は性器に激痛を感じるが、女性はほとんど自覚症状がない
カンジダ 体内にカビが繁殖し、性器に強いかゆみを感じる
梅毒 患部にイボができる病気で、悪化するとイボに痛みが生じる
エイズ(HIV) 免疫力を低下させる病気だが、感染力は低い

風俗関係者がかかりやすい性病には、さまざまな種類があります。性病に感染した場合、風俗の仕事ができません。性感染症とならないよう注意し続けることに大変さを感じ、ホテヘル・デリヘルの仕事が「きつい」と思う人もいます。

1-5.体力が必要できつい

風俗業の中でも、ホテヘル・デリヘルは体力勝負となりやすい仕事内容です。お客様を喜ばせるためにさまざまなテクニックが必要となり、女性から攻めるプレイ内容もあるため、通常の性行為と違って体力を消耗します。

1人のお客様だけでも体力を使いますが、1日に指名予約が何本も入っていると、体力の消耗は激しくなります。出勤が終わる頃には疲れ果ててしまい、プライベートの時間は寝るだけとなる売れっ子の風俗嬢もめずらしくありません。体調管理が難しくなることから、体力的なきつさを感じる人もいます。

2.ホテヘル・デリヘルがきつい場合の2つの対応策

ホテヘル・デリヘルの仕事がきついと感じたときは、自分でモチベーションを高めることが大切です。モチベーションを高める方法は人によって異なるため、自分に合う方法を見つけましょう。

ここでは、ホテヘル・デリヘルの仕事がきつい場合の対策法を2つ紹介します。

2-1.気分転換する

ホテヘル・デリヘルの仕事に対するモチベーションを維持するためにもっとも簡単な対処法が、気分転換です。気分転換にはさまざまな方法がありますが、リラックスして心身ともに癒される方法をおすすめします。

たとえば、お気に入りの入浴剤を使って自宅でゆったりとバスタイムを過ごす方法は、忙しい日々の合間にもできる手軽な気分転換のひとつです。また、休みの日には自分へのご褒美として、スパやマッサージなどで贅沢な時間を過ごすこともよいでしょう。日頃の仕事のストレスを忘れて気持ちをリセットすることが、うまく気分転換を図るポイントです。

2-2.目標収入を稼げた状態をイメージする

仕事のきつさを乗り切るためには、昼職より多くの給料を稼げることを利用し、明確な目標収入を立てることも大切です。目標は具体的にするほど、モチベーションアップの効果が高まります。「お金を稼ぐ」「お金持ちになりたい」などの曖昧な目的は、かえって逆効果です。曖昧な目的のまま働いていると、仕事でつらいことがあったときに心が折れてしまいます。

何のために・いつまでに・いくら稼ぐのかを明確に決めると、その目標達成に向けて頑張ろうという気持ちが湧きます。ホテヘル・デリヘルがきついと感じたときには、収入に関する具体的な目標を考えてみましょう。

3.ホテヘル・デリヘルがきつい人は「おっパブ・セクキャバ」がおすすめ

気分転換を図ったり目標を立てたりしても、ホテヘル・デリヘルの仕事がつらいと感じるときは、風俗関係ではないナイトワークを選ぶことをおすすめします。キャバクラやガールズバーなどのナイトワークの中でも、おっパブやセクキャバは稼ぎやすい仕事のひとつです。おっパブ・セクキャバでは、お客様と一緒にお酒を飲みながら会話します。おっパブ・セクキャバで働くメリットには、以下が挙げられます。

・性的サービスがなく、安心して働くことができる

おっパブやセクキャバは、ホテヘル・デリヘルとは異なり、性的サービスを提供しません。上半身にタッチする程度の接触のみで、性感染症のリスクがなく、安心して働くことができます。また、お客様とのトークが基本の仕事となるため、肉体的な負担が少ないこともメリットです。

・優れたトーク力や営業スキルなどが必要ない

おっパブやセクキャバでは、高いコミュニケーションスキルは必要ありません。アフターや同伴を原則禁止しているお店が多いため営業も必要なく、風俗やキャバクラよりもストレスなく働くことができます。

ホテヘル・デリヘルの仕事に疲れた人は、おっパブやセクキャバの仕事に変えてみてはいかがでしょうか。「キャバイト」では、安心して働くことのできる、おっパブやセクキャバの求人情報を掲載しています。

まとめ

風俗業界には、ホテヘル・デリヘルで働く女性が数多くいます。しかし、ホテヘル・デリヘルの仕事の中にはストレスを感じる場面があり、きついと思う人がいることも事実です。ホテヘル・デリヘルの仕事でモチベーションを保つためには、上手に気分転換しつつ、明確な目標を持つことが大切です。

それでもホテヘル・デリヘルの仕事がきついと感じたら、おっパブやセクキャバで働くことを検討してみましょう。おっパブやセクキャバは風俗のような性的サービスがなく、トークスキルがなくても稼ぐことができます。おっパブやセクキャバの求人探しは、専門サイトの「キャバイト」がおすすめです。

業界のホンネ
関東版
関西版
PAGE TOP