ラウンジ嬢とは?キャバクラとの5つの違い・月給相場も紹介

ラウンジで働くラウンジ嬢は、頑張り次第で高収入を目指せます。しかし、キャバクラとの違いがよく分からない方も多いでしょう。

ラウンジの主な仕事内容はお客様と楽しくお話をすることですが、キャバクラとは接客する人数や指名制度などのシステムが異なります。今回は、ラウンジとキャバクラの違いや、ラウンジに向いている人の特徴を解説します。ラウンジのお仕事に興味がある方や、ラウンジとキャバクラの違いを知りたい方はぜひ参考にしてください。

1. ラウンジとは?ラウンジ嬢とは?

ラウンジとは、お客様が軽食やお酒を飲みながら、ママや女の子とのおしゃべりを楽しむ場所です。ラウンジ嬢は、ラウンジで働く女の子のことを指します。ラウンジ嬢の主な役割は、お店のママの指示を受けながら、お客様が楽しめるようにサポートをすることです。

ラウンジはキャバクラと同じようなイメージがありますが、異なる点があることを理解しておきましょう。

2. ラウンジとキャバクラの違い

キャバクラとは、お客様のテーブルに女の子がついて、お酒を飲んだり女の子と会話をしたりして楽しむ場所です。キャバクラとラウンジでは、来店したお客様を接客する点では同じですが、仕事内容や服装、客層やノルマなどの違いがあります。ここでは、ラウンジとキャバクラの具体的な違いについて確認しましょう。

2-1. 仕事内容の違い

ラウンジの主な仕事内容は、お客様の隣に座って会話をすることです。キャバクラでは、基本的にはお客様1人に対して女の子1人が担当して接客しますが、ラウンジでは、1対1ではなく複数の女の子でお客様を接客します。また、ラウンジにはママがおり、ママの方針によってもお店の方針が異なります。お店にもよりますが、基本的にはアットホームな接客スタイルがラウンジの特徴です。

キャバクラは、「タバコに火をつける」「ドリンクを作る」ことが基本的な仕事内容です。ラウンジとの違いはお客様との距離で、キャバクラではラウンジよりもお客様と近い距離で接客をします。その他にも灰皿を交換したり、おしぼりを渡したりと、お客様と1対1になる場合が多いため、常に気を配りながら接客するスキルが必要とされます。

2-2. 服装の違い

ラウンジで勤務する際の服装は、服装に決まりはないものの、スーツやワンピースが多いです。ラウンジではドレスを着用するお店や、私服で出勤がOKなお店も存在します。ラウンジで働く女の子は、ヘアセットも美容室ではなく、自分でアレンジをしているケースがほとんどです。

一方で、キャバクラで勤務する女の子は、露出の多いドレスで出勤します。また、ラウンジ嬢よりもしっかりとした身なりが求められるので、出勤前に美容室へ行き、プロにヘアセットしてもらう場合がほとんどです。

2-3. 客層の違い

ラウンジとキャバクラには、さまざまな年代の人が来店します。来店する客層にはそれぞれ傾向があり、キャバクラは20代から60代以上の人まで、幅広い年代の人が来店します。高級店にもなれば、著名人が常連客として訪れることもあり、高級店ならではの雰囲気を感じられるのも特徴です。

一方で、ラウンジはどちらかと言えば年配の人が多く来店するのが特徴です。アットホームな雰囲気のお店も多いため、お店に来店するお客様と女の子みんなで楽しく飲む場面も多く見られます。

2-4. ノルマの違い

ラウンジで働く女の子には、ノルマを課せられないのが一般的です。そのため、お客様に連絡をして来店を促すなど、個人的な営業は必要はありません。

一方で、キャバクラで働く女の子には、ノルマがある場合がほとんどです。指名や同伴の数、お客様が注文するボトルの数など、お店の売り上げに関わるものにノルマが課せられます。指名や同伴の数を増やすために、お客様に頻繁に連絡を取る必要もあります。

2-5. 指名制度の違い

指名には、「場内指名」と「本指名」があります。場内指名とは、指名なしで来店したお客様が、席に着いた女の子を気に入った場合にその場で指名することです。本指名とは、女の子を事前に指名して入店することです。

キャバクラに来店するお客様は、気に入った女の子を指名して入店する「本指名」も多く、キャバクラで働く女の子は指名を受けることを目指して接客します。一方で、ラウンジには指名制度がない場合がほとんどです。指名がないため、女の子同士の競争心も少なく、トラブルが発生しにくいというメリットがあります。

3. ラウンジ嬢はどれくらい稼げる?月給相場は?

ラウンジの給料は、時給制を導入しているお店がほとんどです。働く地域やお店にもよりますが、時給の相場は3千円~5千円、月給の相場は20万円~40万円ほどです。時給3千円で5時間勤務した場合、月に20日出勤すると、1か月で30万円稼ぐことができます。

さらに、ラウンジではチップを貰える場合もあります。ラウンジは指名制度がないため、指名報酬はありませんが、チップで収入を増やすことも可能です。その他にも、お客様に高額なボトルを注文してもらうなど、お店の売り上げに貢献した場合には報酬が出る場合もあります。

ラウンジで働く際に収入を増やしたい場合は、シフトを増やすことが近道ですが、丁寧な接客でチップをもらったり、ボトルを入れてもらったりして稼ぎましょう。

また、日払いで給料がもらえるのもラウンジで働くメリットの1つです。急な出費があってもその日に給料がもらえるため、お金がなくて困ることもありません。しかし、日払いで給料が支払われると、お金を使いすぎてしまうこともあるので注意が必要です。日払いによって浪費癖がつかないよう、計画的にお金を管理しましょう。

4. ラウンジ嬢に向いている人の特徴は?

ラウンジ嬢に向いている人には、以下のような特徴があります。

  • ・ノルマに抵抗がある人
  • ノルマを課せられると、達成に向かって頑張れる人もいれば、プレッシャーを感じる人もいるでしょう。指名・同伴ノルマなど、ノルマがクリアできている時はよいですが、ノルマがクリアできなくなってしまうと、出勤するのが苦痛になることもあります。

    ノルマに縛られたくない人、ノルマが達成できるか心配な人は、キャバクラよりもラウンジのほうがおすすめです。

  • ・協調性のある人
  • ラウンジでは、1対1の接客ではなく、一緒に働く他の女の子と一緒にお客様を楽しませなければなりません。「お客様に気に入られたい」「目立ちたい」という理由で、チームワークを乱さないように行動することが重要です。

    周りのみんなと仲良く、和気あいあいとした雰囲気で接客を楽しみたい人は、ラウンジの方が向いているでしょう。

  • ・自由度の高い働き方がしたい人
  • キャバクラでは、お店のルールに違反してしまうとペナルティーが発生して、罰則や罰金が課せられることがあります。お店側は規律を保つ目的で、女の子に対してルールを設けています。しかし、ペナルティーがあると「縛られている」と感じる人もいるでしょう。

    遅刻や早退だけではなく、ノルマを達成できなかった時にペナルティーが課せられることもあります。細かいルールに縛られず、のびのびと仕事をしたい人はラウンジで働くのがおすすめです。

まとめ

ラウンジは細かいルールに縛られず、自分らしく働きたい方におすすめです。指名制度がないお店も多く、お客様に対して積極的に営業をかけたくない方はラウンジでの勤務を検討してみてください。もちろんお店によってルールは異なりますので、応募する際は求人ページを詳しくチェックしましょう。

ラウンジ嬢の月給相場は20万円~40万円ほどですが、チップ制度もあり、頑張れば高収入も目指せます。日払いに対応しているお店も多いため、ラウンジで働いてみたい方はぜひ今回紹介した記事を参考にお店選びをしてください。

関連記事

キャンペーン

TOP