おっパブとセクキャバの違いは?向いている人の特徴・時給相場も

セクキャバなどのナイトワークは、一般的な業種に比べて高収入を得やすいことが魅力です。ナイトワークの求人を探している女性のなかには、「おっパブとセクキャバの違いがわからない」という人もいるのではないでしょうか。

この記事では、おっパブとセクキャバの違いや他キャバクラの特徴を紹介します。セクキャバで働くことが向いている人・時給相場・セクキャバ専門の求人サイトも紹介するため、ナイトワークの求人を探している人は、ぜひ参考にしてください。

1.おっパブとセクキャバの違いは?|他キャバクラの特徴も

おっパブやセクキャバは、男性客が女性の上半身をボディータッチできるキャバクラです。男性客と性的なプレイをするお店でないため、「キャバクラ以上風俗未満のナイトワーク」という位置付けです。

おっパブとセクキャバのサービスに大きな違いはありません。エリアによって「おっパブ」「セクキャバ」と呼び方が異なるだけであり、同じサービスを提供するキャバクラです。おっパブやセクキャバは、エリアによって下記のように呼ばれます。

名称 その名称が使われる主な地域
セクキャバ全国
おっパブ関東・東海地方
ツーショットキャバクラ関西地方
キャバクラ北海道

ナイトワークの求人を探す際、「セクキャバ」「おっパブ」「ツーショットキャバクラ」などは、同様のサービスを提供するお店であることを理解しておきましょう。

1-1.いちゃキャバとは?

いちゃキャバもセクキャバと同様に、男性客に軽いボディータッチのサービスを提供するキャバクラです。しかし、セクキャバに比べてライトなサービス内容となっており、男性客は女性の上半身を服の上からしか触ることができません。

ナイトワークのなかでは、ソフトなサービスを提供するお店であるため、いちゃキャバには「女性とお酒を楽しみたい男性客」が訪れます。

サービスが通常のキャバクラに近い分、女性はコスプレ・ボディーラインが出る衣装を着用し、男性客を楽しませるお店が多いです。

1-2.ランパブとは?

ランパブとは、「ランジェリーパブ」の略称であり、下着姿で接客をするキャバクラです。男性客が女性に触れることを禁止するランパブが多く、下着姿で接客する以外は、通常のキャバクラのサービス内容と変わりありません。

そのため、ランパブは「高収入を得たいけれど男性と触れ合うことに抵抗感がある」という女性から人気があります。また、女性の下着姿を目当てに訪れる男性客が多いため、トークが不得意でも人気を得られる可能性があります。

1-3.ピンサロとは?

ピンサロでは、お酒を飲みながら男性客に性的なサービスを施すお店です。セクキャバでは下半身へのボディータッチはNGですが、ピンサロでは上半身・下半身どちらもボディータッチOKとなっています。

ただし、ピンサロは法律に反する営業形態である可能性が高く、公然わいせつの罪に問われる場合があります。実際に、ピンサロ店が刑事処分を受けた事例が複数あるため、ピンサロで働くことは控えたほうがよいでしょう。

2.セクキャバ(おっパブ)で働くことが向いている人の特徴

前述した通り、おっパブとセクキャバは同じお店を指す言葉であるため、ここからは全国的に通用する「セクキャバ」という名称を使います。

セクキャバは通常のキャバクラとは異なり、男性客と触れ合う機会が多くあります。ここでは、セクキャバで働くことが向いている人の特徴を3つ紹介します。

〇男性から身体を触られることに抵抗が少ない人
セクキャバでは、男性客からボディータッチされることがあります。そのため、ある程度男性に免疫のある女性のほうが働きやすいでしょう。ただし、ソフトなサービスを提供するセクキャバであれば、男性客から身体を触られる頻度が少ない傾向です。
〇週末に働くことができる人
セクキャバには、平日より週末のほうが男性客は訪れます。そのため、土日祝日に働くことができる人はお店から歓迎される傾向です。また、週末に出勤すると多く接客機会に恵まれ、本指名を得られる確率が上がります。
〇風俗で働くことに抵抗感がある人
セクキャバは、風俗に比べてソフトなサービスを提供するお店であるため、風俗で働くことに抵抗感がある人に適しています。店内では男性スタッフが見回りをしており、ルール違反を犯す男性客はほとんどいません。

セクキャバとひと口にいっても、サービス内容はお店によって若干異なります。ハード系のセクキャバだと男性客からボディータッチされることが多いものの、ソフト系のお店であれば通常のキャバクラと似たような環境で働くことができます。

3.【エリア別】セクキャバの時給相場

セクキャバで働くことを考えている女性のなかには、「時給相場が気になる」という人もいるでしょう。下記は、エリア別にセクキャバで働く際の時給相場をまとめた表です。

エリア 時給相場
関東エリア約3,000~7,000円
東海エリア約2,500~6,000円
関西エリア約2,500~6,000円
中国エリア(広島県・岡山県)約2,500~5,000円
九州エリア約3,000~6,500円

東京都・愛知県・大阪府・福岡県など、大きな繁華街があるエリアの時給は高い傾向です。新人女性に対しては、最低保証時給を設けているお店も多くあります。

セクキャバの時給は、「売上時給制」「ポイント時給制」「給率時給制」のいずれかが採用されています。

【セクキャバの給与システムの種類】

売上時給制 1か月の売上によって時給が決まる給与システム
ポイント時給制 「指名本数」「ボトル本数」などをポイント化し、獲得したポイントに応じて時給が決まる給与システム
給率時給制 売上に対して給率をかけて給与額を決める給与システム
※売上が100万円、給率が50%だった際の給与額は50万円となる

また、「本指名」「ボトル」「ドリンク」などを得ることで、バック率に応じた報酬が給与に上乗せされます。

3-1.セクキャバで高収入を狙うコツ

セクキャバには、定期的な時給の昇給制度はありません。そのため、個人で時給を上げる工夫をする必要があります。

下記では、セクキャバで高収入を狙うコツを2つ挙げます。

〇男性客を楽しませる
男性客を楽しませることができると、指名・ボトル本数が増える傾向です。「話す内容に共感する」「質問をして会話を掘り下げる」など、男性客が楽しくお酒を飲める場を提供することが大切です。また、セクキャバならではのサービスを存分に提供することも、男性客を楽しませることにつながります。
〇自分に合ったコンセプトのお店を選ぶ
セクキャバとひと口にいっても、お店のコンセプトはJK・素人・和風など、さまざまです。たとえば、大人の魅力をまとった女性がJKをコンセプトにしているお店に入店しても、男性客の需要に合わないため、指名を受けにくくなるでしょう。年齢よりも見た目を考えて、自分に合ったコンセプトのお店を選ぶことが重要です。

セクキャバでは、かわいい人・きれいな人であっても、接客態度が悪かったりお店選びを間違えたりすると、高収入を狙うことが難しくなります。セクキャバの求人を探す際は、自分の見た目に合ったコンセプトのお店を選ぶことから始めてみましょう。

4.セクキャバの求人を探したい人は「キャバイト」がおすすめ!

セクキャバの求人を探す際は、「お店の公式サイト」「ナイトワーク専門の求人サイト」から情報を集めます。複数の求人情報を一気に比較したい人は、ナイトワーク専門の求人サイトを活用することがおすすめです。

「キャバイト」は、セクキャバに特化した求人サイトであり、全国各地のセクキャバ求人を豊富に掲載しています。また、キャバイトを経由してお店に入店した人には、5,000円前後の入店祝い金をプレゼントするサービスがあります。

求人情報について質問できるユーザー窓口も完備しているため、安心してセクキャバの求人を探したい女性は、ぜひキャバイトをご利用ください。

まとめ

おっパブとセクキャバは、男性客に軽いボディータッチのサービスを提供するキャバクラです。エリアによって「おっパブ」「セクキャバ」と呼ばれ方が異なるだけであり、サービス内容に大きな違いはありません。

セクキャバと類似したキャバクラに「いちゃキャバ」「ランパブ」があり、サービス内容はボディータッチの有無に違いがあります。

「キャバイト」は、セクキャバの求人を豊富に取り扱う求人サイトです。祝い金制度・ユーザー対応窓口などを完備しているため、セクキャバの求人を探している人はぜひご利用ください。

関連記事

キャンペーン

TOP