派遣のキャバ嬢とは?メリット・デメリットと向いている人の特徴

キャバ嬢などのナイトワークに興味がある女性の中には、「派遣のキャバ嬢」という働き方について聞いたことがある人もいるでしょう。派遣のキャバ嬢は、どのような点で一般的なキャバ嬢と異なるのでしょうか。

当記事では、一般的なキャバ嬢と比較しながら、派遣のキャバ嬢のシステムや働き方、仕事内容、派遣のキャバ嬢として働くメリット・デメリットについて紹介します。派遣のキャバ嬢に向いている女性の特徴、単発で高収入を目指す働き方のヒントも併せて確認し、ナイトワークで効率よく稼ぐための参考としてください。

1.派遣のキャバ嬢とは?

派遣のキャバ嬢とは、特定のキャバクラ店舗に在籍せずに、キャバ嬢専門の派遣会社に登録して働く女性のことです。

普通のキャバ嬢の場合、特定の店舗の専属キャバ嬢として稼働することが一般的です。複数店舗をかけもちしている女性もいますが、在籍しているお店以外の場所でキャバ嬢の仕事をすることはありません。報酬の受け取り方はお店によって異なりますが、1か月の報酬がまとめて支給される場合がほとんどです。

一方、派遣のキャバ嬢は「女の子の休みで人員不足」「イベントで人手がほしい」などの事情をもつお店に派遣されて働きます。派遣されるお店は毎回異なりますが、希望日に単発で入れるため、本業や学業に支障が出ることはほとんどありません。時給が高く日払いのケースも多いため、1日で効率よく稼ぎたい人にもおすすめです。

2.派遣のキャバ嬢のメリット3つ

ナイトワークの中でも、派遣のキャバ嬢という働き方は人気が高く、実際に派遣のキャバ嬢として働く女性も少なくありません。

では、派遣のキャバ嬢として働くことにはどのようなメリットがあるのでしょうか。ここでは、お店に在籍して働くキャバ嬢との違いを踏まえながら、派遣のキャバ嬢の特徴的なメリットを3つ紹介します。

2-1.働きたい時に働ける

派遣のキャバ嬢として働くことのメリットとして、稼働を希望する日に働けることが挙げられます。

お店に在籍しているキャバ嬢は「自由出勤」とされる場合もありますが、「最低でも週2日は出勤してほしい」といった具合に店舗側から出勤日数の確保を依頼されることも少なくありません。

一方、派遣のキャバ嬢の場合、自分が働きたい日を派遣会社に登録できるため、自分の好きな日程で働きたい時にだけ働くことができます。単発でも高収入を得やすいため、本業や学業の合間に効率よく稼ぎたい女性におすすめです。

2-2.ノルマや営業がない

お店に在籍して働くキャバ嬢の場合、指名やアフター、同伴といったノルマを課されることも少なくありません。また、電話やメール、SNSでの営業活動も行う必要があり、人によってはプレッシャーやストレスなどの負担を感じることもあります。

派遣のキャバ嬢の場合、ピンチヒッターとして派遣されて働くため、派遣先のお店の指名ノルマを達成したり営業電話を行ったりする必要はありません。お客さんと連絡先を交換する必要もないことから、接客やドリンク類の準備といったヘルプ業務に集中できるでしょう。

2-3.身バレのリスクが低い

家族や友人・彼氏などに、キャバ嬢の仕事をしていることを内緒にしたい女性も多いでしょう。多くのキャバクラでは必要に応じて身バレ対策を講じてくれますが、特定のお店で長期間働いていれば、身バレのリスクもその分だけ大きくなると考えられます。

派遣のキャバ嬢は特定のお店に在籍せず、出勤日も自由であるため、お店に在籍して働くキャバ嬢よりも身バレしにくいというメリットがあります。また、勤務に必要な衣装を貸してくれる派遣会社に登録すれば、「自宅でドレスやヒールが見つかり、キャバ嬢として働いていることがバレる」という心配もほとんどありません。

3.派遣のキャバ嬢のデメリット3つ

派遣のキャバ嬢には、「自由度が高い」「ノルマに対するプレッシャーやストレスが少ない」などのメリットがある一方で、注意が必要なデメリットもいくつか存在します。

ここでは、派遣のキャバ嬢として働く場合のデメリットや注意すべきポイントについて解説します。お店に在籍して働くキャバ嬢と比較しながら、自分に合う働き方を考えてみましょう。

3-1.在籍するより稼ぎにくい

派遣のキャバ嬢の仕事は、毎日募集が出されるわけではないため、希望した勤務日に自分が対応できる条件の仕事があるとは限りません。また、キャバ嬢専門の派遣会社に登録している女性は複数いるため、その日の募集に登録者の応募が殺到すれば、自分が勤務できる可能性は低くなるでしょう。

一方、お店に在籍して働くキャバ嬢は休日以外は基本的に出勤するため、その分の報酬を安定的に得ることができます。働き方の自由度が高い一方で、必ずしも希望通りに働くことはできず、在籍のキャバ嬢よりも稼ぎにくい点は、派遣のキャバ嬢のデメリットの1つと言えるでしょう。

3-2.お店ごとのルールを毎回覚える必要がある

特定のお店に在籍して働く場合、働く中でお店の基本ルールを覚え、自然と仕事に慣れることができます。在籍店のルールやマナーを押さえておけば、そのお店のキャバ嬢として十分に活躍することが可能です。

一方、派遣のキャバ嬢の場合、同じ店舗で継続して働くことはほとんどありません。毎回異なるお店で働くため、店舗ごとのルールを毎回覚えて周囲と合わせる必要があります。お店独自のルールやマナーを守らなかった場合は、在籍のキャバ嬢とのトラブルが発生することもあるため注意しましょう。

3-3.在籍女性のほうが優遇される

お店に在籍して働くキャバ嬢が、お店の持続的な売上アップに貢献する人材である一方、派遣のキャバ嬢は一時的にお店の業務を手伝う助っ人です。お店側は在籍女性のほうに良客・太客やフリー客をつけたり手厚く送迎したりと、やや優遇する傾向があることに留意しましょう。

ただし、派遣のキャバ嬢も、お店が大変な時にサポートしてくれる貴重な存在であるため、在籍女性と明確な扱いの差をつけられて不当に扱われるわけではありません。誠実な接客態度でお店をフォローできれば、それほど身構える必要はないでしょう。

4.派遣のキャバ嬢に向いている人の特徴3つ

派遣のキャバ嬢にはメリット・デメリットの両方があります。派遣のキャバ嬢が自分に向いている仕事かどうかを事前にチェックした上で、どのような働き方をするか検討してみましょう。

■派遣のキャバ嬢に向いている人の特徴

  • ・自分の都合に合わせたマイペースな働き方を求めている
  • ・本業で一定の収入があり、ダブルワークとしてキャバ嬢の副業がしたい
  • ・長いスパンでの予定の見通しが立たず、長期のシフトを組むことが難しい

上記のような特徴に当てはまる人は、お店に在籍して働くよりも、派遣のキャバ嬢として働くほうが向いているタイプであると言えます。しかし、単発でのキャバ嬢勤務を希望する場合には派遣以外の働き方もあるため、さまざまな選択肢から自分に適した働き方を検討しましょう。

5.単発で稼ぐ方法は派遣のキャバ嬢以外にもある!

単発で稼ぎたい場合や、今後のキャバ嬢としての働き方に悩んでいる場合には「体験入店(体入)」という方法もおすすめです。

キャバクラの体験入店とは、お店で本格的に働く前にキャバ嬢の仕事を1日体験する制度です。体験入店を行うことで、お店側は女性の適性を見定めることができ、女性側はお店の独自ルールや同性スタッフ、黒服の雰囲気を把握できるというメリットがあります。給料も高く日払い可能であるため、すぐにお金が必要な人も安心して働けます。

ただし、体験入店は基本的に「本入店前のお試し」という理由で行われます。そのため、入店する気がないにもかかわらず、お小遣い稼ぎのためだけに何度も体験入店を繰り返すことはマナー違反です。また、体験入店をする際には、採用面接に毎回トライする必要があることにも注意しましょう。

5-1.体験入店におすすめのお店は?探し方も

体験入店ができるお店は、キャバクラ以外にも「セクキャバ(おっパブ)」や「いちゃキャバ」などがあります。セクキャバ(おっパブ)やいちゃキャバでは、お酒やトークよりもお触りが重視されるためキャバクラよりも稼ぎやすく、効率よく高収入を得たい女性におすすめです。

体験入店先を探す方法は複数ありますが、セクキャバ(おっパブ)・いちゃキャバなどの高収入求人に特化した専門サイトを利用するとスムーズに見つけることができます。セクキャバ(おっパブ)・いちゃキャバの体験入店先を探す際には、ウソ求人の掲載がなく、サポート体制や祝い金制度が充実した「キャバイト」をぜひご利用ください。

まとめ

派遣のキャバ嬢とは、特定のお店に在籍せず、さまざまなキャバクラに派遣されるキャバ嬢のことです。派遣のキャバ嬢にはデメリットや注意点もある一方、「働きたい時に働ける」「ノルマや営業がない」などの魅力もあります。単発で効率よく稼ぎたい人、自由度の高い働き方をしたい人に向いていると言えるでしょう。

単発で高収入を得たい女性には、派遣のキャバ嬢だけでなく、セクキャバ(おっパブ)やいちゃキャバへの体験入店もおすすめです。体験入店先を探す際には、ナイトワークの経験がない女性でも安心して利用できる「キャバイト」をぜひご活用ください。

関連記事

キャンペーン

TOP